大航海時代っていつからだろう?::歴史雑学
FC2ブログ

大航海時代っていつからだろう?

2009-02-24 ; 歴史雑学

ハミルさんが大航海時代っていつからなんだろう・・?
という記事をあげてました。

WIKIの記述を見ると、
『大航海時代(だいこうかいじだい)とは15世紀中ごろから17世紀中ごろまで続いたヨーロッパ人によるインド・アジア大陸・アメリカ大陸などへの海外進出をいう。』

歴史ファンでは違った切り口で見てみます。
大航海時代は英語ではAge of Discovery(発見の時代)となってますが、これはヨーロッパ視点による表現なので、日本では大航海時代という提唱がされ、一般的になってます。

ということは置いておいて(なら言うなよって話ですが・・)

「インド・アジア大陸・アメリカ大陸などへの海外進出をいう」
という視点でいくならば、
1492年 コロンさん バハマ諸島に到達
1498年 ガマさん インド到達
1500年 カブラルさん ブラジル到達
この視点でみれば、どう考えても15世紀半ばにはならないですね。

では、発見視点での画期的な出来事に絞ってみてみると・・・
1444年 ヴェルデ岬到達

これがなぜ画期的なのかというと、当時の考え方があります。
◆当時の地理の考え方
アフリカを海路で抜けると、インドまでたどりつけると信じられていたが、北アフリカをそのまま西へいけば、海がだんだん暑くなってくる・・・。このまま進むと、さらに暑くなって船もろとも燃えてしまうと考えられていた。(赤道に近づくのだからあつくなる・・・)
※昔の歴史ファンの記事より抜粋。

この船もろとも燃えてしまう臨界点を突破したのがヴェルデ岬発見だったわけです。
これ以後、ポルトガルがアフリカ探検を一気に推し進めます。

というわけで第一候補は1444年。

次に、大航海時代の開始イメージから言ってみると、明らかに中世ヨーロッパではないです。
中世ヨーロッパの終わりは何年かというと、1453年のビザンツ帝国の滅亡をもってヨーロッパは近代へと突入します。
このころ、ビザンツ帝国を滅ぼしたオスマン帝国はイタリア都市連合海軍を破り、地中海の大部分の制海権を取得します。
このことがインドまでの別航路発見の動機になったことは割りに有名な事実です。
ですので、ビザンツ帝国の滅亡に伴って、大航海時代を推し進める動機となったオスマンの脅威が本格化したのが1453年ですので、これを第二候補とします。
(さらに、西欧では歴史的な出来事が1453年に起こっています。それは、百年戦争の終結です。百年戦争によって、フランスとイギリスの国境線が決まり、それぞれの国家の帰属意識が高まりました。全然関係ないですが、元々イギリスって現在のフランスの半分もってたんですが・・・)

15世紀中ごろから・・というWIKIの記述を元にするならば、上記二つ以外で15世紀中ごろに起こった事件としては・・・1460年シエラレオネ到達とエンリケ航海王子の死去でしょうか。
こちらを選ぶなら、ヴェルデ岬の発見のほうが理由としてはしっくりくると思います・・・。

以上のことから、
「15世紀中ごろと仮定するならば」 
1444年か1453年を歴史ファンでは押します。

↓愛の手を。
FC2 Blog Rankingに参加しております。クリックするとランキングに投票いたします。



   / ̄\
  |  ^o^ | < じかい に つづきませんでした
   \_/
   _| |_
  |     |
         / ̄\
        |  ^o^ | < さすがに つづいたら まずいとおもいます
         \_/
         _| |_
        |     |
関連記事
Entry Status
New >>
やはり修正きましたね
<< old
ここでいっぱつ

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/993-f9102973

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲