スポンサーサイト::スポンサー広告 ギルドと薔薇十字団 その3::歴史雑学

ギルドと薔薇十字団 その3

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
ここでいっぱつ
<< old
スエズ勅命

2009-02-22 ; 歴史雑学

前回までは、
ギルドと薔薇十字団 その1
ギルドと薔薇十字団 その2
をご参照にしてください。

ローゼンクロイツはいろいろな場所で神秘的な秘儀を学んだ後、弟子にそのすばらしい秘儀を伝授します。
今回は、薔薇十字団の教義などを見ていきます。

ローゼンクロイツは7人の弟子を取り、自分が学んだ叡智の数々を授けていった。ローゼンクロイツと7人の弟子は、薔薇十字団の創設メンバーだと言われている。
こうして発足した薔薇十字団は、年に一度「精霊の家」で定期報告会が行われた。
その席では
・無料で旅人を治すこと。
・特別な服装をしたり、特別な習慣を身につけたりしないこと。
・毎年一回、精霊の家で会合を持つこと
・死に際に各自が一人ずつ自分の後継者を指名すること。
・R・Cという文字を我々の唯一の認印・記号・符号とすること。
・向こう100年間は団の存在を世間から隠しておくこと。
といった教団の教義を作成し、これを守ることを誓い合った。
このような掟を守り、彼らは善行を世界各地で行い、華々しい活動ではなかったが、特に学問や芸術の分野で着々と成果をあげていったのだった。

ローゼンクロイツは106歳で亡くなる前に、
「私は120年後にもう一度よみがえるだろう」
との予言を残した。
彼の言葉どおり、120年後にはローゼンクロイツの墓がある会員によって偶然発見され、埋葬室と墓の内容が明らかになったのだった。
その部屋には、「私は120年後にもう一度よみがえるだろう」という言葉が扉に書かれており、教団の秘儀を使った様々なグッズが副葬品として並んでいた。
代表的なものは、「永遠のランプ」というもので、これは、何世紀たっても永遠に燃え尽きない黄金の油に芯が使っているランプだという・・・。

薔薇十字団の秘儀は錬金術にまで及ぶといわれており、錬金術師が捜し求めている「賢者の石」を持っている者がいると信じられているそうだ。
というのは、ある会員からもらった金貨が。いつの間にか銅貨に変わっていたとか、見たこともないような巨大なサファイアの指輪をしている会員を見たとか・・・いろいろなあやしげな噂があったからだという。
またさきほどの「永遠のランプ」の製造秘儀といった機械の作成技術にも優れており、代表的なものとしては、アルキメデスの鏡・光学機器・自動人形・永久運動装置・人口の歌(蓄音機)といった機械が彼らによって発明されたものだという・・・。

極めつけは、魔術である。会員は自由にあちこちに姿を現したり、消したりする術や不治の病を治療する術などを駆使していたという・・・・。

最後に、ローゼンクロイツとはドイツ語で薔薇十字を意味するが、ローゼンクロイツという人物が本当に存在していたかどうかは今なお不明である・・・・。

ううむ・・・・過去も今もカルト教団というのはあるものですね・・。


FC2 Blog Rankingに参加しております。クリックするとランキングに投票いたします。
関連記事
Entry Status
New >>
ここでいっぱつ
<< old
スエズ勅命

Comment

鎧の人 : 2009年02月22日(日) 23:46 URL edit
薔薇十時団をカルト教団呼ばわりとは!
彼らは、「完全にして普遍的な知識」、すなわち「不完全」な人間を脱却し、神と同じ「完全」なるものとして、世界を救おうとした真なる錬金術師の集まりですぜ。
黄金練成など世俗的価値を求めず、民を救うために万病薬ことエリクサー(賢者の石を溶かしたものともいわれる)を捜し求めたものたちへ何たる暴言・・・
と、まぁ無駄に熱く語るわけでもないのですが、シオン修道会の流れを汲んでるやら、近代フリーメンソンに精神的影響を与えたやら、黄金の夜明の源流だったなど、近代魔術・錬金術においてはなかなかの存在感があったんですぜ?
それに、ローゼンクロイツは120年後に発見され、蘇った後、賢者の石で今でも生きtuduliSEGfvk
めけ : 2009年02月23日(月) 21:32 URL edit
よろいのなかみないひと>>
それがカル○と何度言ったら・・(以下AA略
夜明団・・昔記事で書いた気もする・・。
鎧の中に賢者の石を隠し持ってるんでしょう。はやくだしなさい。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/991-2e56b5bd

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。