スポンサーサイト::スポンサー広告 悪魔の辞典より あ行まとめ::歴史雑学

悪魔の辞典より あ行まとめ

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
悪魔の辞典より か行まとめ
<< old
歴史ファンDBが・・・

2007-12-30 ; 歴史雑学

年末に昔書いた悪魔の辞典まとめがありましたので、記載していきます。
悪魔の辞典はアンブローズ・ビアス氏の著作物になります。
まとめ、個人的見解をつけたのが歴史ファンめけとなります。

●アガチオン
真昼にだけ現れる守護魔人。人間や獣の姿で現れ、護符や瓶、指輪などに閉じ込められることも。

●アクババ
屍骸を食べて1000年生きるとされるハゲタカ。
アスカロト スパイや密告者を守護する知られざる魔人に、悪魔学者が与えた名前。

●アスタロト
地獄に権勢を誇る大公爵。
極めて醜い天使の姿で地獄の竜にまたがり、手にはマムシを持つ。
一部の魔術師によれば、彼は、西方を支配し、大領主たちとの交友を人にもたらす。ペリシテ人やシドニア人は彼を崇拝した。
地獄に主計長官で過去と未来を知り、どんなに秘められた質問に対しても快く答えてくれるという。また、天使の創造、過ち、失墜についても快く語ってくれる。しかし、その時自分が天使として受けた罰は不当であったと主張することも忘れない。
諸学問を徹底的に教授し、40の軍団を従える。

●アスモデ
破壊魔人。
ラビ(ユダヤの立法博士)によればサマエルと同視する者もいる。
アスモデは地獄で権力を誇る強大な王の一人で、3つの頭を持ち、一つは牡牛、一つは人間、一つは牡羊に似る。尾は蛇、足はガチョウ、炎のような息を吐く。また、竜にまたがり、手には軍旗と槍を持つ。しかし、地獄の階級には従って、アメモン王には服従するという。
アスモデは人間に”星まわりの指輪”を与え、透明になる術を教え、幾何学や算術や天文学や工芸学を教授する。また、宝のありかに精通している。72の軍団を統率する。

●アスラフィル
イスラム教徒によれば、最後の晩餐の時に、トランペットを吹き鳴らし、すべての死者を呼び起こすという恐るべき力を持つ天使。しばしば、アズラエル(死の天使)と混同される。

●アデス(ハーデス)
冥府の王。ギリシア神話。
アドラメレク 地獄の尚書長。地獄の王の衣装部屋係。悪魔上級議会の議長。
アッシリア人の町、セファルヴァイムで崇拝の対象とされ、祭壇ではいけにえとして、子供が焼かれた。

●アナラゼル
地獄の財宝の管理を司り、宝捜しの人間に見つからぬように、財宝の隠し場所をあちこちに移動させる魔人の一人。
アバドン 破壊者。第7階級の魔人の長。黙示録の殺戮の天使がこの名で呼ばれることも。

●アビゴール
アビゲイルとも発音する。上級の魔人。地獄帝国の大公爵。60の軍団をつかさどる。
端正な騎士の姿で現れ、槍や軍旗、あるいは王杖を携える。
戦いの秘密に関する、ありとあらゆる質問に的確に答え、未来を予知し、指揮官たちに兵士の信を得る秘訣を教授する。

●アミー
地獄の大総裁にして、地獄帝国の王族の一人。
あの世では炎に包まれて現れるが、地上では人間の姿を取る。
占星術や諸学問を教え、良い使用人を提供する。友人のためには魔人の守る財宝を暴いてやる。
36の軍団を統率し、堕天使や能天使を配下に従える。
20万年後には天界に戻り、7番目の王座(最高位)を占めることを望んでいるらしい・・・。

●アムドゥシアス
地獄の大公爵。一角獣の姿をしているが降霊術で呼ばれたときには人の格好で現れる。
注文があれば、音楽会を開催する。29の軍団の長。
●アメモン
地獄の四天の一人。東方地域を治める。
アスモデは彼の副将であり、かれの国の筆頭王族である。

●アモン
地獄帝国の有力な大侯爵。
体は狼、尾は蛇、口から炎を吐く。人間に変身するとき、胴だけが人となる。顔はふくろうそっくりで、くちばしはするどく尖った犬歯がのぞく。
魔人の王族の中でも最も強靭。
過去と未来に通じ、気が向けば、仲たがいした友人の仲裁もかってくれる。40の軍団を従える。
エジプト人はこのアモン(アトン)を最高神として崇めた、その姿は人間にかなり近い、青い肌をした神として描いた。
●アスラトール
地獄王国の刑執行人を務める過酷な魔人。
ネメシス(ギリシア神話の応報天罰の女神)の役割をする。

●アロセール
有力な魔人。地獄の大公爵。
騎士の姿で巨大な馬に乗り、その相貌は獅子を思わせる。顔色は燃えるように赤く、目はぎらぎらと光り、口調は荘重である。36の軍団を従える。

●アンゲゴック
グリーンランド人の窮状を救うとされる一種の魔術師。
イペス 地獄の王族で伯爵。
天使の姿で現れるが、ときにはガチョウの頭と足、みじかめのウサギの尾を持った獅子に化けることもある。
過去と未来を知り、人間に才能と大胆さを与える。36の軍団を従える。

●インクブス(淫夢魔)
女性を誘惑する魔人。
魔人スクブスの子と言われる。
ヴァプラ 地獄の有力な大公爵。グリフォンの翼が生えたライオンの姿で現れる。
人間を機械や哲学に秀でさせ、学者たちには英知をさずける。36の軍団を従える。

●ヴァラファール
地獄帝国の有力な大公爵。天使の姿で現れるが、ときにはライオンの姿にガチョウの足、野うさぎの尾という姿で現れることも。
過去と未来を知り、人間に才気と大胆さを与える。36の軍団を従える。

●ヴィヌ
地獄宮廷の大王で伯爵。ライオンのごとくたけり狂った姿で現れる。黒馬にまたがり、片手にマムシを持ち、家を建てたり、水かさを増したりする。19の軍団を従える。

●ウィリ
夜ごと死者の舞踏にふける白く半透明の幽霊で、その舞踏はこの世の踊りとは全く異なる。
それは穏やかで荘重なもの静かな舞踏で、足は露をつけた花びらをごくかすめるばかりである。

●ヴェパール
セパールとも発音する。冥界の有力にして、恐るべき公爵。
セイレン(人魚)の姿で現れ、商人の船を導き、人間に有毒な傷を与えて苦しめる。29の軍団を従える。

●ヴェルドレ
第2階級の魔人。地獄宮廷の式武官。
サバトの魔女の移動をつかさどる。

●ヴォラック
地獄の大総裁。
天使の翼を持つ、子供の姿で、双頭の竜に乗って現れる。
惑星のありかや、蛇の隠れ家を知り、30の軍団を従える。

●エウリノーム
上級魔人。一部の悪魔学者によれば、死の王とされる。
巨大な長い歯を持ち、体は傷だらけで醜悪、狐の皮を身にまとう。
エルフ スカンジナヴィアの精霊を指す。
バルト海沿岸地方の伝承によれば、エルフには王がいて、三島を統治するという。王は黒馬4頭立ての戦車に乗って空中を飛び回るという。そんなときには馬たちのいななきがはっきりと聞こえ、海が真っ暗になるという。
王は大軍隊を率いるが、その兵士たちの正体は樫の木々に他ならない。兵士達は日中は樹皮の下でひっそりとくらさねばならないが、夜になると、剣をとって威風堂々と闊歩する。

●オクシーヌ
ゲルマニアの架空民族。人頭獣身だったらしい。
オズ 地獄の大総裁。ヒョウか人間の姿で現れる。
信奉者たちを諸学問に秀でさせ、神に関する質問や抽象的な質問に答え、人間を変身させ、人の理性を狂わせて、王か皇帝になったと思いこませたりする。

●オティス
地獄の大総裁。マムシに化けて現れる。
人間の姿で現れるときは大きな歯をして、指に2本の角をはやし、手に剣を持っている。
現在、過去、未来について無遠慮にこたえる。
仲間と敵を同じ数だけもち、60の軍団を従えている。

●オデ
夜の魔人。
ラバに化けて現れ、出会う人に悪さをする。クルードの仲間である。

●オベロン
妖精や空気の精たちの王。ティタニアの王。
夫婦でインドに住み、夜になると海を越えてヨーロッパを訪れ、月明かりでダンスをする。

●オリアス
占星術や占い師たちの魔人。地獄帝国の大侯爵。
たけり狂ったライオンの姿で、蛇の尾をした馬に乗って現れる。両手に一匹づつマムシを持っている。
天文学に通じ、占星術を教授する。
人間を思いのまま変身させ、地位や称号を手に入れさせる。30の軍団を指揮する。

●オレイ(ロレイ)
地獄の大侯爵。
弓と矢を携えた立派な射手の姿で現れる。
戦闘を活気づけ、矢による負傷を悪化させ、殺人の威力に満ちた槍を投げつける。30の軍団から支配君主と認められている。

●オロバス
冥界の偉大な王族。
美しい馬の姿で現れる。
人間に化けたときには、神の本質について語り、問われれば、過去、現在、未来について答える。
嘘を見破り、地位や勲功をもたらし、敵対するものを和解させる。20の軍団を指揮する。
オンダン(ニンフ) 4大元素の精霊。水中にすみ、水の最も軽い部分でできている。オンディーヌ、ウンディーネとも発音する。

な・・が・・い・・・これ・・・。
年末企画として最後までいくですよ。

★スペシャルサンクス
新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) 新編 悪魔の辞典 (岩波文庫)
アンブローズ ビアス (1997/01)
岩波書店

この商品の詳細を見る
↑いつのまにか新版になっていた悪魔の辞典。創刊から長い年月がたってますがいまだに新鮮な感動を得れますよ。文章自体は訳本ということもあり読みずらいです。
西洋人の悪魔の考え方が見て取れます。ヴァイヤー!
関連記事
Entry Status
New >>
悪魔の辞典より か行まとめ
<< old
歴史ファンDBが・・・

Comment

リンク : 2007年12月31日(月) 18:42 URL edit
10年くらい前に買ったなぁ~
ただ、年が若かった事と(ノ∀`)、文化の違いもあって、解らないところも多かったけど……
噴飯「悪魔の辞典」ってのも面白いっすよ。

とりあえず、年末進行ガンガレ。……ガンガリ過ぎ。
とにもかくにも良いお年を~
めけ : 2008年01月02日(水) 10:55 URL edit
りんくさん>>
文化の違いがおもしろいよね。噴飯「悪魔の辞典」ももってたり!
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/887-d4ac675d

【死の天使】について最新のブログの口コミをまとめると

死の天使 に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 ...

プレサーチ : 2008-01-04 17:05

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。