哈台族哈台族::雑記
FC2ブログ

哈台族哈台族

2007-03-26 ; 雑記

謎の文字について解答していただいた鉄さま、イーオンさまありがとうございました。
(鉄さんのブログは、こちら。イーオンさんのブログは、こちら

その問題の文字とは、
moji.gif
↑こいつです。

これはどうやら台湾の方が書かれているサイトのようです。
少し興味があったので、また検索してみました。

彼のブログは、http://my.sea-online.com.cn/312/(字が出ないと思いますので、URL表示で勘弁を。

その中身を見てみますと・・・・
saito.jpg
↑予想通り何かいてるか全然わかりません!

文件というのが文献なのかと思い、わくわくしてクリックしてみました。
・・・・何が書いてるのかわからないので・・すぐにあきらめました。

台湾仕様のDOLがどんな感じかレポートしたかったのですが、全くわかりません!
好友ってのがリンクかなにかでしょうか・・。
いろんな台湾プレイヤーさんのリンクがありましたよ。

あともうひとつ、気になったのが・・・
saito2.gif
↑今何中なんでしょうか・・・ガクガク。

というわけで全く意味がわからないまま、哈台族めけのレポートを終了します。

ビバ台湾。

※哈台族とは?
親台湾家に似た意味で使われています。元は哈日族という言葉から派生して現在日本でも使われることがあるみたいです。
関連記事
Entry Status
New >>
続・哈台族哈台族
<< old
恐竜と爬虫類 ~生物の歴史シリーズ~その4

Comment

天然路癡 : 2007年03月26日(月) 02:12 URL edit
へぇ?そいつは台湾の方じゃないよ…Eサーバーで中国プレイヤーと思います。 (中華RMTじゃないよw)
台湾の人は中国語の簡体字を使わないんです。

「历」(簡体字)と「歷」(繁體字)と「歴」(日本語)の違う、
これが知らない日本人は大勢あるかもしれません…?

ちなみに、「挖哈哈,一些发現,做标注,等人翻译中」は、「わはは、いいものが探して出た。マークしてから、だれか通訳されてくれて待っている」という意味ですw
日本語ができないけど、DOL遊ぶ人もあります。
児玉 : 2007年03月26日(月) 08:04 URL edit
教祖ブログとか、大手はみんなマークされているのかな。
どんな変換がされているか、ちょっと楽しみですね。
鉄刀木@会社 : 2007年03月26日(月) 09:55 URL edit
なるほどー、そういえば台湾の方の取引先で、簡体字の文面みたことないですねえ。言われるまでまったく気づかなかった。
ちなみに中国でも公の文章では簡体字はまず使わないので、普通に読む分には、漢字の文化圏なので、専門用語を除けば意味わかりますね。
あと言葉でいえば、私は広東語系は理解できますが北京語系は苦手です。中国は広いです^^;
内蒙古のほうとも取引はじめるって言い出している某社長・・・言葉さらに違うんだろうなorz...
イーオン : 2007年03月26日(月) 12:02 URL edit
大変申し訳ありません
私がその文字が読めるくせに、めけさんにその方が台湾の方だと見間違えさせてしまいました <m(__)m>

さて、
その方はエロスの狄文という方だそうです
URLの結びは.cnなのでほぼ中国の方だと判明できます(cnはchinaの略)

つぎは
その画像の意味は。。。
ウハハハ、何か発見を見つけて、マークしていた。翻訳してくれる人を待っているという意味です

ところで、
台湾で使われる文字は日本の旧字体と同じで、読み方は国語と呼ばれた台湾式の中国語(台湾語の影響で日本語みたいに声は平たくて巻き舌のような声がほとんどなくなる)で使われています。
一方、
中国で使われる文字は戦後で生まれた”簡(易)化(文)字”という新しい文体で、読み方は普通語と呼ばれた中国の標準語(ほとんど巻き舌のような声で喋る)で使われています。

あと、”簡(易)化(文)字”は簡(易な文)体(の文)字という呼び方もあって、旧字体は繁(雑な文)体(の文)字という呼び方もあります。
めけ : 2007年03月27日(火) 00:22 URL edit
みなさん>>
詳しいコメントに感動したので、一つ記事をあげました。
あの画像にはそんな意味があったのか・・・、
日本語訳してくれたものを、私なりの日常語になおしてみると、
「ウフ、いいもの見っけたんでお気に入りにいれてみた。誰かえらいひと訳よろ」
て感じかな。
モンゴル行けば・・モンゴル語なんじゃ・・・・。言語形態まったくちがうんじゃないかな。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/697-60091150

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲