領地と交易を考えてみよう::初心者用情報
FC2ブログ

領地と交易を考えてみよう

2007-01-31 ; 初心者用情報

どこの国に所属していても必ずある領地。今回は領地について見てみましょう。

●領地の利点
1、常に影響度が100%
2、他国の投資を受け付けない
3、そのため、社交による恩恵が大きい。
4、もちろん、無税。

●社交って?
1、港の影響度が高いほど効果があがる。
2、ふっかけ・値切りに失敗したとき再び交渉ができるようになる。社交のランクが高いほど、再度交渉できる確立があがる。

以上が領地の利点です。

ざっとですが、国別に領地を見てみましょう。

●イングランド(宝石取引、工業品取引・鋳造・縫製など)
領地全般的に宝石の売り価格が高い。また、ロンドンには工業品がたくさんあるので、工業品取引上げにも適している。
ロンドン・エディンバラには羊毛があるので縫製上げにも使える。
ブリマスは鋳造にも使える。

●ネーデルランド(宝石取引、織物取引など)
首都アムステルダムの水晶は強力。隣のヘルデルまではすぐなので、ここで宝石取引上げができる。また、アムステルダムには織物の種類も多いので同時に織物上げもできる。
領地全般で宝石の売り価格が高い。

●ヴェネチア(貴金属取引・織物取引・工芸品取引・美術品取引など)
領地では貴金属の売値が高い。織物・工芸品・美術品などの取引上げに適している。また、アドリア交易といわれる領地間交易は、スキルが高くなると強力になる。

●ポルトガル(香料取引・染料取引など)
オポルトでは、魚介のピザが単独で作れる。これといってヨーロッパの領地には強力な交易品はない・・・。
しかし、ゴアはそれを補って余りあるくらい強力な交易品が揃っている。特に通称「花」といわれるジャスミンは強力。貝紫もカテゴリー2で買うことができるのでお手軽。
香料取引と染料取引が肝。

●イスパニア(いろいろできます)
領地の優秀さに関しては群を抜いている。まず、マスケット銃の存在。相場が安定している上に、カリブ・インドなどどこへでもお土産に使える。次にバルセロナの存在。ここ一つでカロネード砲などの大型大砲が作れるばかりか、バルセロナ・パルマ間の往復で稼ぎもでる。
縫製家にとっては、バレンシアの羊毛。
カリブの領地サントドミンゴはクエ受けにも使える優秀な港。
言うことなし。

●フランス(織物取引など)
正直、他国に比べると領地は劣る。カレーのゴブランが優秀だが、相場の変動が激しいのでこれ一つでは心もとない。
また、売り相場に関しても全ての交易品がそこそこであるため、いまいち使い勝手が・・・・。
商人の腕のみせどころ。


えー。何が言いたいのかというと・・フランスの領地を強化してください。
関連記事
Entry Status
New >>
負けない
<< old
CCNAの試験迫る・・・。

Comment

児玉 : 2007年02月01日(木) 01:48 URL edit
そこでパリ実装ですよ!

と言いたくなるような内容ですね!!

正直、南仏の領地がしょぼく、北仏は交易品はまぁまぁですが距離が遠い・・・
このHPっぽく歴史的に言うと、ポンディシェリはフランス語で、ゴアと同じ領地でもおかしくはないんでしょうが・・・
めけ : 2007年02月02日(金) 12:14 URL edit
こだまさん>>
むしろカルビーとジェノバをフランスへ・・。(歴史だとねー
そーにゃ : 2007年02月03日(土) 18:20 URL edit
はじめまして。Z鯖ENGの冒険家です。
以前からときおりロムさせていただいておりました。歴史の話がおもしろいですね。勉強になります。

ところで、おふらんすの友人は、ボルドー・ナント間で工芸スキルを短期間にがんがんあげていました。
お酒造って工芸あげながら、嗜好品や食料取引もがんがんあがったといっておりました。
工芸といえば今あついスキルかと思いますので、フランスもなかなかやるなと思いました。
めけ : 2007年02月04日(日) 23:33 URL edit
はじめましてーー。
歴史の話最近なかなか更新できず・・・。
フランスで工芸上げは楽ですよ!でも・・工業品上げがつらくなかなか家具のための素材が集まらないです・・・。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/643-103191f5

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲