マラトンの戦い その1::歴史雑学
FC2ブログ

マラトンの戦い その1

2005-07-20 ; 歴史雑学

大海戦の結果より、タベラ枢機卿が「古代アテネがマラトンの戦いで得た勝利に匹敵する」とか言ってますが・・・・。これ言いすぎかと・・・。
では、このマラトンの戦いで??となった方へマラトンの戦いってどんなものだったのか語ってみましょう。

●古代ギリシャのアテネって?
ミケーネ時代のギリシャにあった小王国は、暗黒時代(前12-8世紀)に全て滅び、ギリシャ諸都市では、都市ごとに政治が行われるようになった。これがポリスと呼ばれ、有力なポリスにはアテネ、スパルタ、テーベなどがある。
アテネでは、ポリスの防衛が最重要課題で、当初は豊富な資金を持つ貴族が、騎兵として活躍し、ポリスの実権を握っていた。
そうしているうちに、安全に守られたポリスは人口過多になり、各地に殖民活動を開始する。この植民活動によって生まれた都市で、今に残る大都市が、マルセイユ、イスタンブール、ナポリであった。
植民活動が活発になってくると、ポリス間での商業活動が活発になり、裕福な市民が自ら武装するようになってくる。この武装した市民がギリシャで有名な重装歩兵部隊となり、騎兵に代わり、ポリス防衛の中心的存在になる。そうすると、ポリス防衛に参加した市民は、今までポリスの防衛するという名目で、政治の実権を握っていた貴族に対し、自らも政治に参加させるように要求し始める。
こうして、市民と貴族の対立が激しくなってくると、アテネでは、市民と貴族を調停し、彼らの合意によって有事の際には全権を委譲される「調停者」が必要になってくる。
こうして、前594年にソロンが調停者に選ばれ、没落する市民を救い、国政を改革する。この改革は、財産政治と呼ばれ、所有する財産・土地によって、地位を決めるというもので、従来の貴族だけでなく、市民にも最高官職の道を開くものであった。
しかし、このソロンの改革はうまくいかず、彼は失意のうちになくなる。その後、ペイシストラトス(前600-528)が貴族と平民の対立を利用して、アクロポリスを占領し、非合法な手段で独裁権を獲得し、政権を握る。
独裁権を非合法に奪取したとはいえ、彼の政治手腕は見事なもので、後世に理想の政治と呼ばれるほどであったが、彼は一族を高官につけたり、子供に後を継がせたりしたので、せっかくの政治手腕も評判を落としてしまう。
さらに、その子供の二人は政治手腕がおそまつで、暴政をしいてしまう。
そして、彼の長男のヒッピアスは、弟が暗殺された後、前510年にはスパルタ王にアクロポリスを包囲され、追放されてしまう。
これをもって、独裁政治は終わりを告げた。
この長きに渡る混乱に終止符を打ったのが、クレイステネスであった。
彼は史上最古の民主政治の基礎を築き、彼の創設した「500人評議会」は世界最古の比例代表によって選ばれた議会であった。
こうした政治状況の中、マラトンの戦いは開始されるのである。
このころに、世界帝国となったアケメネス朝ペルシアと、マラトンの戦いは行われることになるのだが、アケメネス朝については、ペルセポリスを参照に。

●ペルシア戦争前夜
小アジアのイオニア地方には、ミレトスを中心として、多くの殖民都市が建設されていた。そのころ、東方ではアケメネス朝ペルシアが大発展を遂げ、その勢力を小アジアにまで伸ばし、小アジアを支配下に置く。
アケメネス朝は、イオニアのポリスに専制政治を強制し、課税したため、イオニア諸都市は大反発する。
前500年に、ミレトスを中心とするイオニア諸都市が反乱を起こす。また、イオニア諸都市は本国ギリシャに救援を求める。
これに対し、スパルタが応じなかったがアテネはそれに応え、軍船を20隻派遣する。
しかし、世界帝国ペルシアは強大で、ミレトスは占領され、反乱は鎮圧される。
また、アテネがこの反乱に加勢したことを口実として、ペルシアはギリシャ諸都市を支配しようとする。こうして、ペルシア戦争(前492-499)は開始される。

●第一回ペルシア戦争(前492)
アケメネス朝のダレイオス1世は、トラキア、マケドニア遠征を行ったが、アトス岬で艦艇が難破し、艦艇300、兵員2万人を失ったが、エーゲ海の制海権を確保するとともに、エーゲ海北岸の支配権を確立する。
前490にいよいよ小国アテネと超大国ペルシアが激突する。これが、マラトンの戦いを含む第二回ペルシア戦争・・・・・。

第二回ペルシア戦争はその2で・・・マラトンかけてないよ・・・

ランキングに参加中です。FFにまけるな!大航海ブログ!
  • 関連記事
    Entry Status
    New >>
    マラトンの戦い その2
    << old
    最近のFC2ブログ

    Comment

    meke : 2005年07月20日(水) 12:12 URL edit
    あまりに誤字が多かったので書き直しました・・・。
    マルゲ : 2005年07月20日(水) 23:03 URL edit
    おお~リクエストしようと思ったマラトンの戦いが(*´Å`*)
    アホなのでタベラ様のお言葉も分からなかったのですよ。
    続き楽しみにしてます~。
    meke : 2005年07月21日(木) 02:03 URL edit
    よみずらさ満点ですが・・アップしました。
    コメントありりっす~
    事務 : 2005年07月21日(木) 11:59 URL edit
    `)事務デツ最近、景気ハドダイ?
    めけ : 2005年07月21日(木) 12:40 URL edit
    みんなぼちぼちやってるよ^^
    JIMたんの復帰は・・・??
    最近のみんなのことをアップしてみるね。
    Post a Comment









    管理者にだけ表示を許可

    Trackback

    http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/62-ace0fcc0

    歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲