中世の華麗なる変人チェーザレ::人物列伝
FC2ブログ

中世の華麗なる変人チェーザレ

2007-01-05 ; 人物列伝

個人的に読みやすく、歴史が好きでない方にお勧めなのが桐生操さんの著作。新幹線で暇だったのでちらっと本屋で見かけ購入した本でチェーザレについての記述がありました。
チェーザレは以前、ボルジアの秘薬(リンク先は、こちら)でご紹介したボルジア家の人です。
また、この人はかのマキャベリが絶賛した人物でもあります(マキャベリについては、こちら)。

●美貌の人チェーザレ
ボルジア家の長男として生まれたチェーザレは、後の世に辛辣に批判されることになる人物で、良くも悪くも彼のおかげでボルジア家は歴史に名を残したことを冒頭に記す。
まずチェーザレについて語る前に、彼の周辺の人間関係を見ておこう。

◆父 アレッサンドロ6世
ローマ教皇の地位につく。彼も欲望の塊で権力・女性への欲求はものすごいものがあった。

◆次男 ホアン
彼もチェーザレ、ルクレツィアと同じく美貌の持ち主であった。彼は大変享楽的で、派手好きな人物。チェーザレとともに、末弟ホーフレの妻サンチャと肉体関係を持ち、ルクレツィアを奪い合った。
後に父から教会軍司令官の地位を授けられるが、それに嫉妬したチェーザレに殺害されてしまう。

◆妹 ルクレツィア
絶世の美女という噂。幼いころから父の政略結婚の道具とされ、なんと12歳で政略結婚に出された。父の死後はチェーザレに同じように利用されることに・・・。

◆末弟 ホーフレ
他の3人の子供たちに比べ、容姿にも劣り、能力も平凡であったといわれる。それゆえ、暗殺の対象にはならなかったのだが・・。

◆チェーザレを取り巻く国

■ミラノ公国
スフォルツァ家が治める公国。このころはフランスの圧迫にあっていた。ボルジア家の政略の対象となる。

■ナポリ王国(両シチリア王国)
イスパニアが支配するイタリア南部の王国。

■フランス王国
このころ絶対王政を確立したフランスは、イタリアへの野心を高める。
結局イスパニアに完全敗北を喫し、イタリアから手を引くことになる。
(詳しいことは、こちら

次回から、チェーザレについてみてみます。


ジョイントビルド
昨日、ハバナの発展度が大型スクーナー級★2まで作成できるようになったみたいです。投資していただいた方どうもありがとうございました。
ちょうど商会でジョイントビルド祭りが行われていましたので、さっそく大型スクーナーを作成できました。近く★2も作成を・・・。
関連記事
Entry Status
New >>
帝国戦争
<< old
食感覚バトン~

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/619-b15f03bd

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲