マムルーク朝::国家の歴史
FC2ブログ

マムルーク朝

2005-07-15 ; 国家の歴史

インド航路で国が滅ぶ?
答えはYESです。インド航路の発見によって滅んだ国「マムルーク朝」について見てみよう。

●カリフ制度
アッバーズ朝以前の王朝では、カリフ=王様であったが、アッバーズ朝以後、スルタン(王)が出てくると、カリフ=宗教的象徴、スルタン=支配者となっていく。
歴史も追ってみよう。
アッバーズ朝(750-1258)は、最盛期を終えると、国内は分裂状態になって、ブワイフ朝という王朝に大将軍の地位を与えて(法を施行する権利を与えた)、名目的存在になった。その後、イスラム世界で巨大帝国を作ったセルジューク朝がアッバーズ朝の権威を利用し、アッバーズ朝にスルタン(王の意味)の地位を与えさせた。この後、1258年にアッバーズ朝最後のカリフはモンゴル(イル・ハン国)に滅ぼされるが、マムルーク朝のバイバルスによって、その親族が保護され、マムルーク朝が滅ぶまでカリフ制度は続く。

●マムルーク朝(1250-1517)の歴史
サラディンが、エジプトを支配していたシーア派のファーティマ朝を滅ぼすと、スンニ派のアイユーブ朝を創設したが、彼は子供に領土を分け与えたので、アイユーブ朝は分裂状態になる。
アイユーブ朝の親衛隊長であったアイバクはスルタンに仕え、スルタンの死後、彼の妃をめとり、マムルーク朝を創設した(1250)。そして、エジプト・シリアを平定し、権力の独占を図ろうとしたが、それを見抜かれた妃に暗殺される。
第5代スルタンとなったバイパルス(1260-77)は相次ぐ戦乱のため、奴隷となって各地を転々とすのだが、最終的にアイユーブ朝に仕える。アイバクと同じく親衛隊長となったバイパルスは、第6回十字軍では、ルイ9世と戦って彼を捕虜とした。また、イル・ハン国とシリアで戦い、イル・ハン国のエジプト侵入を食い止めた。しかし、これらの功績にアイユーブのスルタンは答えなかったため、バイバルスはスルタンを殺害し、権威あるアッバーズ朝のカリフの親族を保護して、カリフ制度を復活させた(1261)。その後、香辛料を中心とした東西貿易で首都カイロは中継貿易地点として大繁栄するが、ポルトガルのインド航路発見のために、カイロの経済が停滞し急速に衰退する。そして、最終的には東地中海の覇権を狙うオスマントルコに滅ぼされる(1517)。

●首都カイロ
古くから東西貿易の中心地となっている。アデンから海路で今のスエズ運河のある海峡まで積荷を運び、スエズ運河のあたりを陸路でカイロに到着。その後、ナイル川を通ってヴェネチアなどのヨーロッパ圏へ貿易がなされた。
代々のスルタンはこの東西貿易を国家の統制下において、利益を独占し、マムルーク朝は栄えたのだ。
その東西貿易の中心がリスボンにシフトしたことによって、マムルーク朝は富が枯渇し、急速に衰えていく。

●大航海時代では
アレクサンドリアがオスマンの支配地域になっているんですが・・・。マムルーク朝艦隊がいる・・・。きっとゲームバランス上、オスマンの領地とし、商館をおけるようにしたのだと思われます。
今、アレクサンドリアは商館獲得したい商会の集まる街として、注目?を浴びているようです。
当商会でも一度、「アレクサンドリアの商館があいている!」ということで話題になりましたが、遠い!いかねえ!ということで、却下となりました・・・。

ランキングに参加中です。FFにまけるな!大航海ブログ!

  • このアレクサンドリアの商館事情については、
    教祖ブログ7/14日記http://nekokyoudan.blog14.fc2.com/blog-entry-41.html
    をご参考に!
    関連記事
    Entry Status
    New >>
    ギルガメッシュ叙事詩
    << old
    サロン・ド・メケがオープンしました。

    Comment

    meke : 2005年07月15日(金) 11:57 URL edit
    書き方かえてみました。
    少しはみやすくなったでしょうか?
    ジーニアス河井 : 2005年07月15日(金) 13:46 URL edit
    >遠い!いかねえ!
    遠いんです…すごく…。
    NPCも強めですし。マルムーク朝とか!PC海賊もたくさん!
    そういった難関を乗り越えた猛者共がアレクサンドリアにはたむろしています。…いたんですが、危険海域に戻った途端人がまばらに。
    アレクサンドリアの短い春でした。
    めけ : 2005年07月15日(金) 14:46 URL edit
    うああ。ジーニアス様・・。
    ご挨拶にいけぬまま・・コメントまでありがとうです。
    アレクは変装もいるのがしんどいっすよね・・。
    シノン : 2006年09月03日(日) 14:09 URL edit
    おひさしぶりー
    0時から中南米の入港許可が下りてエウロスのイスパはすごいことに。
    全サーバ初の勅令達成みたいで、投資額とか凄い事になってます。

    それと保管帝国の皆様におめでとうございますとお伝えくださいませ。
    新大陸勝ち組は保管でございます。新衣装は高ランク保管がないと
    材料が入手できないかも・・・停戦アイテムも保管R5で作る模様・・・
    めけ : 2006年09月03日(日) 22:55 URL edit
    シノンさん>>
    ご復帰おめでとうです。
    保管帝国はこれから繁栄しそうですね!!
    いいことです。
    Post a Comment









    管理者にだけ表示を許可

    Trackback

    http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/57-b2524073

    十字軍における各勢力の軍勢(アラブ側3)

    アラブ側の十字軍時代の勢力を説明するシリーズの第二段です。今回はファーティマ朝の軍勢について説明します。 ...

    中世ヨーロッパ史のあれこれ  : 2005-07-23 20:06

    歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲