スポンサーサイト::スポンサー広告 中世ヨーロッパの生存率と結婚年齢 その2::歴史雑学

中世ヨーロッパの生存率と結婚年齢 その2

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
中世フィレンツェの孤児院
<< old
中世ヨーロッパの生存率と結婚年齢

2006-10-24 ; 歴史雑学

珍しく、歴史雑学らしいエントリーの今回。今回は説明しきれなかった結婚年齢について見てみます。
まずは、前回の平均初婚年齢の表を出してみます。

●初婚の平均年齢
◆富裕層女性(全体の約2パーセント)
17歳
◆富裕層以外女性
20歳
◆富裕層男性
30歳
◆富裕層以外男性
26歳

●女性の場合
富裕層女性がそれ以外の女性より平均して3歳前後初婚年齢が若いのは、この時代の貴族階級の家と家の結びつき(要は婚姻政策)が大きく影響している。そのため、彼女らの父親や親族が娘の結婚相手をはやく決めて家系を磐石のものにしようとしたからだ。(中には5歳前後ですでに結婚相手が決められていた場合もあったらしい・・)

●男性の場合
女性とは逆に富裕層の男性は、それ以外の男性より結婚年齢がかなり高くなっている。最近の私たちの男性の平均結婚年齢に近いものがある。
もちろんこの時代の男性は今より平均寿命ははるかに短い。30と言えば立派な中年だ。なぜ男性がこれほど遅かったのかというと、彼らが独立し充分な経済力を持つまでにそれくらいの年齢までかかったということだそうだ。より経済力をつけ、いい家柄の女性と結婚することが当時の富裕層のステータスだったというわけだ。

さて・・・ここでちゃっぴーじゃないけど・・気になることが・・。

●平均的な結婚式
30歳(いまでいう40歳くらいか?)になったいい中年男性と、うら若き17歳の少女が並んで・・・愛を誓い合う・・。
下手すると・・大人と子供・・・。
・・・・ロ○コンですか?
アワアワ><

ちょっと酔いすぎたようだ・・・。
関連記事
Entry Status
New >>
中世フィレンツェの孤児院
<< old
中世ヨーロッパの生存率と結婚年齢

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/555-2c85b520

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。