レパントアップデートの妄想::雑記
FC2ブログ

レパントアップデートの妄想

2006-10-13 ; 雑記

前回、レパントアップデートについて少し見てみました。(該当記事は、こちら
これについて何人かの歴史マニアたちから熱いメッセージをゲーム内外でいただいたので、少し妄想を膨らませてみましょう。

その前に、レパントの海戦に至るまでの勢力の推移を強引かつ簡潔に見てみましょう。

●大きな戦争の時系列
◆ロードス沖海戦(1522)
オスマン帝国がロードス島を支配下に。同時に東地中海の制海権が完全にオスマンへ。
◆チュニス陥落、プレヴェザの海戦
オスマンにアルジェを差し出したアルジェ総督ハイレディンが同じイスラム系ハフス朝を滅ぼす。これで、マムルーク朝の滅亡とあわせて北アフリカをオスマンが制圧。
プレヴェザの海戦では、まとまりを欠いたヨーロッパ連合軍がオスマンに破れ、地中海の制海権はオスマンへ。
◆レパントの海戦
オスマンの戦略的まずさもあり、連合国が勝利。この戦争後オスマンが衰退したのかというとそうでもなく、すぐにクレタが陥落。以前強力なオスマン勢力のために、西欧はますます外洋へ。

●DOLのファンタジー要素
◆ロードス沖海戦
この戦いで大勝利している。史実と違い、地中海は西欧諸国の海になっている。このため、ヴェネチアはなんら圧迫を受けることなく衰退しないだろうと思う。(いずれにしろ、中継貿易ができなくなって商業的には衰退していくだろうが・・・。ヴェネチアの経済基盤は大陸から来る交易品にあったのだから・・・外洋商品に駆逐されるのだ)
◆東西貿易・航路が開拓済み
すでに帝国主義時代に入っているDOL世界。世界は東インド・南米まで開拓されつくし、そこで積極的な交易・私掠が行われている。

●オスマンと西欧の防衛ライン
map2
このマップはかなり大雑把に書いたので、つっこみどころ満載なのは勘弁していただきたい。
赤の線で書かれたのが現実の西欧諸国の防衛ラインである。自国領土の沿岸部と内海だけはなんとか確保している状態だ。
逆にDOL内部の防衛ラインが青のラインで、オスマン帝国側が沿岸部に追いやられている。

これを踏まえたうえで、次回はロードス島海戦に勝利した西欧諸国がどこに向うかを妄想してみようと思います。
またこの妄想に付き合ってくださる方は、トラックバックかここへのコメントでぜひ妄想してみてください。
関連記事
Entry Status
New >>
レパントアップデートの妄想 その2
<< old
レパントアップデート+史実コラム

Comment

ハミルカル : 2006年10月13日(金) 09:28 URL edit
ちょっと強引に先行して妄想くっつけてみました。
こんな感じでもいいんでしょうかねぇ・・・。
イドニス : 2006年10月13日(金) 21:25 URL edit
では私が大妄想を~

イスパニア
ナポリ・シチリア両王国の安全が確保できるならばこれ以上の東進に興味は無いだろう。コンスタンティノープル再攻略の十字軍を派遣するなど現実主義者のフェリペ2世陛下がするわけも無い。故に再びアルジェの獲得を目指すのでは?

ヴェネツィア
海軍力はあるとはいえ、元々陸の領土に固執しないのがヴェネツィア。陸の兵力も全然足りないし、クレタ・キプロスの領有権確認とコンスタンティノープル・アレキサンドリア・黒海における通商条約を結んでさっさと停戦が良い所では?

他の西欧諸国
上記2国に加えフランスはオスマンの同盟国。故に教皇庁主催で十字軍が派遣されるとすれば、ウィーンでの苦い経験のある神聖ローマ帝国とドイツ諸侯が中心となり、ブルガリア・ルーマニアなどバルカン諸国の再復が目的となるのではないだろうか?尤も当時最大の陸軍兵力を持つトルコが陸からの侵攻を許すとも思えないが。
ヴェネツィア軍士官 : 2006年10月14日(土) 00:01 URL edit
面白そうなので初カキコ
当時の歴史とか勢力図とかはよく分からないけど、私はオスマンやけくそになってが陸上兵力でヴェネツィア本国を叩いてこないか心配です。陸上兵力が少ないのであっさりヴェネツィア失陥してしまう気もする。(まぁイスパニアとかの同盟諸国がなんとかしてくれるかな)
ジュリアス=オルセオロ : 2006年10月14日(土) 10:34 URL edit
ふーむ。海軍にかねを使わずに済むなら、ドイツ諸侯の危機感が薄いでしょうから新教徒諸侯に牽制させて、オスマンの旗がウィーンに上がるというのはどうでしょうか。どうせイスラム圏には人口が多い諸都市が残るでしょうから、可能性は高いかと。アルジェとアレキサンドリアの間の交通遮断は無理そうですし、全世界に一気に手を広げては植民者を確保するだけの人口はまだ無理でしょうから。
めけ : 2006年10月15日(日) 01:10 URL edit
みなさん>>
みなさんのご意見をネタにさせていただきました。
ありがとでした!
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/546-0645d3fe

スエズ運河開通作戦!

ここ通りたいよ。とガレアス船長心の叫びDOLをプレーしていて必ず思う事の一つが、スエズに入港した時の感想。『と、遠い・・・。』ここに運河開いてくれー!!!と誰もが思うことでしょう。しかし現実のスエズ運河は、フランス ...

打倒ローマは一日にして成らず : 2006-10-13 09:28

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲