スポンサーサイト::スポンサー広告 ブルゴーニュとブルターニュ::国家の歴史

ブルゴーニュとブルターニュ

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
幸運に彩られた皇帝フリードリヒ三世 その3
<< old
幸運に彩られた皇帝フリードリヒ三世 その2

2006-09-25 ; 国家の歴史

ブルターニュとブルゴーニュって名前が似ててどっちがどっちかわかんなくなってきますよね。聞いたことない方ももし聞く機会があったら混乱すると思います。
この二つの地域は現在ではフランスの一部を指す地域になってますが、かつては一大勢力を誇った主権国家だった時期があったのです。(ブルゴーニュのほうは、正確には主権国家ではないかもです。)
今シリーズでやっているフリードリヒ三世のことにも深く関わってきますので、先にこの地域について見てみます。

●ブルターニュ公国
フランス北西部の半島地域。あのでっぱりを通過するときに引っかかった航海者も多数いることだろう。元々はケルト系住民の居住地であったが、カエサルのガリア遠征によってローマ領に。その後、ゲルマン民族の大移動に伴って、アングロ・サクソン人がブリタニア(イングランド)に入り込むと、ブルターニュ地方にケルト系住民は流入した。
その後、ブルターニュ公国として一つにまとまり、中世に。この時代に巨大化したフランク王国に隷属するが、実質的には独立国となる。
独立性を保っていたため、ブルターニュではゲルマン系の風習は入らずに、ケルト系の風習が根強くのこり、故郷であるイングランドとのつながりは深かった。
そのため、百年戦争など中世のイングランドの介入を招き、巨大化したフランスカペー朝との争奪戦の場となったりした。
このブルターニュ公国は、15世紀末(すなわち大航海時代)になると直系の男児が途絶え、アンヌ女公が治める土地となっていた。
これに介入したのが、ハプスブルク家のマクシミリアンとフランス王シャルル8世であった。
結果的にシャルル8世がアンヌ女公を勝ち取り、自身との結婚を強要してブルターニュをフランスが獲得。アンヌが亡くなると、今度は娘のクロードがフランソワ一世と結婚させられ、1532年にブルターニュはフランス領に併合された。
ちょうど大航海時代にあった出来事ですね。

●ブルゴーニュ公国
首都ディジョンを中心に栄えた、フランス東部からドイツ西部(アルザス・ロレーヌ、フランドル(オランダ・ベルギー・ルクセンブルク)などを含む)にまたがる広大な領域を支配した。
この地を支配したのは、フランス王族カペー家やヴァロワ家の傍系で、フランスとの結びつきが希薄で、百年戦争末期にはイングランド王の側についてフランスを苦しめたことが一番有名な事件かもしれない。
そのため、実質独立国であったとされる。
1477年に最後の男児であったシャルルが亡くなると、婚姻政策によってハプスブルク家のものになるが、現在のフランス領は、フランス王シャルル8世によってもってかれたため、ハプスブルク家がフランドル地域を支配することになる。
そして、ハプスブルク家がスペイン王家にも入り込むことになると、この地域がスペインハプスブルク家に移り、アントワープがスペイン領になったというわけ。

ハプスブルクとフランスの争いがこんなとこでも起こっています。この二つの地域はフランス側の勝利に終った模様ですね。
関連記事
Entry Status
New >>
幸運に彩られた皇帝フリードリヒ三世 その3
<< old
幸運に彩られた皇帝フリードリヒ三世 その2

Comment

kosaki : 2006年09月25日(月) 05:15 URL edit
ブルゴーニュは元々ブルグント王国由来ですから、名目さえデッチあげることが出来れば王国を名乗ることが出来たと思われ。
そこで、箔付けにハプスブルグ家に近づいたのは、なにか頭がおかしいとしか思えませんが・・・
(神聖ローマ帝国において、皇帝は選ばれる対象であって、選ぶ権利はない)
めけ : 2006年09月25日(月) 10:04 URL edit
イタリアでも血縁による支配拡大を図ってるので、チャンスがあればどこでもいくんじゃないかなあと・・。
皇帝の選出は、フリードリヒ3せいの時代に金印勅書が発布されてから様変わりしたようです。
ハミルカル : 2006年09月25日(月) 18:02 URL edit
財政面で言えばブルゴーニュ圧勝ですかねえ。14~15世紀とかだと、下手すると国王より裕福だったかも。文化でも商業でもブルゴーニュでしょうか。あと宗教は・・・どうでしょう?
kosaki : 2006年09月25日(月) 19:27 URL edit
財政面でいったら、精神薄弱のフランス王の折衝としてフランスの国庫から横領しまくっていたブルゴーニュがある意味、ヨーロッパ一金持ちなわけですが・・・
あ、100年戦争末期の話ね
ヨハンネス : 2006年09月25日(月) 20:40 URL edit
ブルゴーニュというとフィリップ善良が創設した金羊毛騎士団を想起します。
彼らのいでたちも相当豪華であったそうです。
めけ : 2006年09月26日(火) 10:23 URL edit
ハミルさん>>
フランドルを持ってるので、財源は豊富っすね!商業もいわずもがな・・・。
KOSAKIさん>>
百年戦争末期は、ブルゴーニュ派はやりたいほうだいだったっすからねー。その後は・・・・・・ORZ
ヨハンネスさん>>
その騎士団は主に観賞用に・・うあああなにをするー。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/527-7e38ae97

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。