スポンサーサイト::スポンサー広告 ブリュンヒルトの悲しき運命::歴史雑学

ブリュンヒルトの悲しき運命

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
常駐ソフトにご注意
<< old
ゲルマンの英雄シグルス

2006-09-11 ; 歴史雑学

前回のシグルスの話題に関係したブリュンヒルトについて今回は見てみます。ブリュンヒルトは猛々しい戦乙女ヴァルキリーの中にあった異質の存在でした。他の神話によくある美しき女神・・これがブリュンヒルトだったのです。

●ブリュンヒルトの悲しき物語
最初に、ブリュンヒルトは人々に死をもたらす女神であったことを最初に記しておく。
ブリュンヒルトは、死すべき運命にあった王に勝利をもたらし、彼を殺さなかった。それが主神オーディンの怒りをかい罰として地上界に送られることになった。
地上界の炎の壁の中に閉じ込められたブリュンヒルトは、ゲルマンの英雄シグルスによって助け出され、二人はやがて恋人同士になる。
しかし、シグルスが忘れ薬を飲まされ、王女グズルーンと結婚してしまったから、裏切られたと思い込んでシグルスに死の運命をもたらしてしまう。
後にこの事実をしった彼女は自らを炎の中に投じ命を滅ぼした。
さてここで、前回の指輪のお話。シグルスが身に着けていた物を黄金に変える力を持った指輪には、小人の呪いがかけられており、その呪いは持ち主の破滅である。
指輪は、その呪いを成就するために残酷な手段を選んだ・・。彼を愛する者に持ち主を破滅させるという・・・。
シグルス自身は不死身になったのだが、死をもたらす女神ブリュンヒルトにかかれば彼の命を奪うことも可能だったというわけだ。
そして、恋人の真実を知ってしまった死の女神もまた、自らを滅ぼしたというわけだ。
猛々しいイメージのあったヴァルキリーだったが、ブリュンヒルトの物語が有名になるにつれ、兵士の守り神として戦闘機にその美しい姿が描かれている。
我々のイメージするヴァルキリーもまた、美しい女神ではないだろうか?


リンクの追加のご報告
大航海時代初心者日記
NOTOSでご活躍のマリィナさんのブログ。リンクフリーと書いてなかったんであれですが・・勝手にリンク。問題ありましたら言って下さい。
ノトスネーデルランドイベント役場
かっぱ様が中心となって主催されているノトスネーデルのイベント情報が記載されています。
関連記事
Entry Status
New >>
常駐ソフトにご注意
<< old
ゲルマンの英雄シグルス

Comment

マリィナ : 2006年09月12日(火) 10:58 URL edit
こんにちは、マリィナです^^

リンクなんていうモノをすっかり失念していました(笑)リンクフリーですのでだいじょぶです。
張ってくださったこと、光栄に思いますー^^

神話は全然分かりませんが、劇的でおもしろそうですね。いいご本があったらご紹介いただきたいです。
めけ : 2006年09月13日(水) 09:57 URL edit
マリィナさん>>
わざわざコメントありがとです。神話は原文でなく脚色入った物語形式なものがおすすめっす。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/512-01654a90

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。