スポンサーサイト::スポンサー広告 熱帯魚の宝庫の南米::雑記

熱帯魚の宝庫の南米

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
チューリップに踊ったアムステルダム
<< old
船窓生産組合

2006-09-05 ; 雑記

熱帯魚ファンにはおなじみの有名な魚たちが、実は南米大陸に多く生息しています。
熱帯魚ファンでなくても聞き覚えのあるネオンテトラなどが南米には生息しているみるのです。
今回は、今後出てきそうな淡水魚を見てみることにしましょう。
(アロワナとピラニアはすでに出てますので省きます。魚関係は詳しくないので、すでに出ている魚もいそうですが・・それはそれで生暖かく見てください。)

●ネオンテトラ
ブラジルやペルーなど南アメリカの澄んだ川に生息する大変美しい魚。
メタリックぽい鮮やかなブルーに赤いラインが入った小さいながらも水槽に際立つ淡水魚。
どこの熱帯魚屋さんでも売っていて飼育は容易。繁殖はやや難しいそうです。初心者が必ず一度は買う魚。
●エンゼルフィッシュ
ネオンテトラ・グッピーと並んで熱帯魚の御三家に上げられるほど有名な魚。
白地に鮮やかな三本の黒のバンドが入った姿は誰でも美しいと思えるでしょう。種によっては若干乱暴な性格のものもいるので、混泳させるときはショップの店員さんに相談しましょう。
飼育はおおむね容易。
●ピラルク
南米の河や湖に生息する非常に大型の淡水魚。国際保護動物の一つになっていて、海外への持ち出しはうろこであっても不可。記録によると体長4.4Mもの巨大な個体が発見されており、なまず・チョウザメにならぶ最大くらすの淡水魚。
●プレコ
正式名称はプレコストムスというのだが、プレコといったほうがなじみ深い。
アマゾン川に主に生息していて、捕食の仕方が吸盤状の口で付着したコケを食べる独特のしぐさのため、熱帯魚ファンには人気のある魚。

なんか・・・説明になってないような文章になってしまいました・・反省・・。そろそろマニアックな長編歴史物が書きたくなってきました・・。
関連記事
Entry Status
New >>
チューリップに踊ったアムステルダム
<< old
船窓生産組合

Comment

pepe : 2006年09月05日(火) 11:05 URL edit
昨日もらった南米の調理レシピにピラルク料理が
載ってました(´ω`)。

・・・・何人前できるのかなあと想像してみたり。
じゅる(´ω、`)。一気に10個とかできないかしら。
めけ : 2006年09月05日(火) 18:45 URL edit
ぺぺぺ>>
ピラルクは食べたらダメだよ!!
いつのまにかレシピにあったのがおどろいた・・。
だってー。ラフロ地域は入れないんだもん。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/504-447ad28b

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。