運命(運)とは技術(努力)で引き寄せるものだ::人物列伝
FC2ブログ

運命(運)とは技術(努力)で引き寄せるものだ

2006-09-01 ; 人物列伝

某漫画(なんとかの奇妙な冒険)のようなタイトルではじまった今回・・。実は、こういうことを言った人物がルネッサンスのイタリアでいたんです。
彼の名はマキャベリ。マキャベリズムを展開して後の世に辛らつに批判されることになったあの人です。

●マキャベリズムとは?
どんな手段でも、また、たとえ非道徳的行為であっても結果として国家の利益を増進させるなら許されるとする考え方。
目的のためにはどのような手段をとってもいいとされる。権謀術策主義と日本語訳される。
しかしながら、史上初めて、政治と宗教を切り離した考え方という点では革新的であった。
このマキャベリズムは、マキャベリの著書「君主論」で書かれている。
マキャベリ自身、この著書で理想的な人物はチェーザレ・ボルジアと書いている。ボルジアは大航海でも出てきたボルジアの毒薬の名で知られる非常に権謀に長けた人物で、イタリアの統一を夢みて倫理的にはとんでもない行動を繰り返した。

●マキャベリ(1469-1527)
理想主義的な思想の多かったルネサンス期において、数少ない現実路線の思想を展開した。生まれはフィレンツェ共和国。このフィレンツェという都市は、有名な大富豪メディチ家の元にルネサンス期に繁栄したが、その後サヴォナローラが出現し激動の時代に陥った(これについては次回にでも後述します)。
そんな激動の時代に生まれたマキャベリは、フィレンツェの第二書記官の職に付き、外交官として各地を訪問する中でチェーザレに出会い、彼を理想の君主と位置ずけた。しかしまもなくチェーザレは失脚・・。
その後フィレンツェもスペイン兵に破れ、追放されていたメディチ家が復権し、元のようなフィレンツェに戻ることになる。
激動の時代を生き抜いた彼が最も欲しがった理想は何だったのかというと、
祖国の統一であった。
自身の著書でもたびたび「統一を実現しうるのはいかなる君主か」という言葉が出てくるほどだ。
強力な力を持った君主が混乱するイタリアを統一するためにはどうすればよいのか?ということを現実的に宗教を切り離して述べたのがマキャベリズムというわけだ。

ざっとマキャベリについては見てみたんですが、この「手段のためには何をしてもいい」ということが変に取られ、悪評を招いているようです。では、彼の素晴らしい考え方も紹介しておきます。

●フォルトゥーナとヴィルトゥ
フォルトゥーナとは運命という意味で、ヴィルトゥとは技量の意味。
マキャベリは、君主に必要なのはフォルトゥーナを引き寄せるヴィルトゥが必要だと述べた。
これを好意的に解釈すると、運命を好転させるには、君主自らの技量を鍛えなさい。すなわち、成功するためには努力をおしむなということを述べていると捕らえれる。(神なぞに頼るな。運命は自分自身の努力で切り開け)

※表記の間違いがありましたので、修正いたしました。


現在の私たちにも通じるものがありますね。
関連記事
Entry Status
New >>
ジョイントビルドのための縫製は?
<< old
保管帝国の逆襲

Comment

イドニス : 2006年09月01日(金) 01:33 URL edit
おおぉ!マキャベリ!
我が人生の師マキャベリ!
キリスト教的道徳はびこる世の中で、道徳よりも結果を重んじた異才ですねぇ。
そのうち私もマキャベリ特集を組んでみたいな。

私の好きな言葉は、『ローマ史論』の
「人間は必要に迫られない限り善き事を行わない」
ですね
ハミルカル : 2006年09月01日(金) 08:34 URL edit
『目的の為には~』は、その前提をちゃんと書かないで、そこの一文だけ一人歩きしているからそういう極論的なとらえ方されちゃてきたんだと思います。現代的な思考で全文読んでる人ならまた違う理解をすると思うんですがねえ。
zoro : 2006年09月01日(金) 09:02 URL edit
マキャベリって人が気になってきたよ。
色々と勉強になるです。今度しらべてみよっと

それにしても、皆さん沢山の人を知ってらっしゃる。関心しております。
uni : 2006年09月01日(金) 17:08 URL edit
同じく、関心しております。
めけ : 2006年09月02日(土) 01:40 URL edit
イドニスさん>>
麻雀のときはお相手できずすんませんー。マキャベリの現実主義は、その後ホッブズやロックに受け継がれて現在にいたるというわけですぬ!
ハミルさん>>
こういうのは政治的なものが入ってきますので、某国家のように完全否定しないとダメな部分もあって極論されてきたんだとおもいますよ。
ZOROさん、UNIさん>>
ぼくも関心します。
: 2006年09月03日(日) 21:00 URL edit
ヴィルドゥって・・・ヴィルトゥ(virtù)でしょ
恥ずかしい間違いだなあ
めけ : 2006年09月03日(日) 22:52 URL edit
ご指摘ありがとです。
即なおしますー。
元々あまりよろしくない人が書いてますので、恥ずかしい間違いをもっと指摘していただけると、よりいいものになると思いますので、今後ともよろしくです。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/500-b92c222d

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲