スコットランドの食人集団::歴史雑学
FC2ブログ

スコットランドの食人集団

2006-08-17 ; 歴史雑学

タイトルから見てもわかるように、今回の記事はある種の残虐性を含んでいますので、よい子のみんなはみてはいけないよ。

というわけで、続きを読むからどうぞ。
時は15世紀スコットランド。世界は中世封建制の限界を感じ始め、ポルトガルとスペインはレコンキスタを完了させようとしていた時代。
すなわち、大航海時代が始まる直前のお話である。

今回の主役ソニー・ビーンはスコットランドの田舎で生まれたが、生来の粗暴な性格と社会性のなさのため、定職につくことができず、そうそうに実家を飛び出し放浪の旅にでる。
放浪中にビーンとよく似た性格の女性と出会い、彼らは一緒に暮らし始めるのだが・・・その住居に選んだ場所がおそるべきものであった。

その住居とは・・・・
全長1.6キロもの長さを持つ洞窟!しかも、満ち潮のため二日に一回は水没してしまうという悪辣な環境だった。
この水没してしまう洞窟に住んだためにビーンらは、長年逮捕されずにすんだのだが・・・。

住居を構えたビーン夫妻が生活の手段として選んだのが強盗殺人!で、村と村をつなぐ人通りの少ない細い道で待ち構え、憐れな旅人になれた手で襲い掛かり、所持品を強奪し、殺害するというものだった。
その所持品を持ち帰ったビーンは、現金に変えれる衣類・宝石類は足がつくと考え洞窟に放置し(この辺は用心深い・・)、現金のみを生活費にすることにした。
しかしながら、わずかな現金だけでは、生活に窮乏し食料さえもままならず、飢えに苦しむことになってしまう。
そこで、ビーンはおそるべきアイデアを思いついたのだ!

「せっかく殺した人間の体をなぜ利用しないんだ?新鮮な肉を無駄に放置する必要はないじゃないか!」

こうして・・・ビーンの殺人・強盗・食人の生活が始まることになる・・・・。
少し短いですが・・出先のため勘弁を・・。
続きは次回・・。
関連記事
Entry Status
New >>
スコットランドの食人集団 その2
<< old
ミステリー調査団 危機に直面!

Comment

uni : 2006年08月18日(金) 07:19 URL edit
(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
kosaki : 2006年08月18日(金) 08:42 URL edit
中国と北朝鮮はいまでも食べているといいますし、きにしない、きにしない。
エストリン : 2006年08月18日(金) 12:20 URL edit
人っておいしのか・・・
kosaki : 2006年08月18日(金) 13:54 URL edit
鮮度がいいほうがウマいと経験者が証言した記録がのこっているよ。たしか中国人。
かっぱ : 2006年08月18日(金) 15:37 URL edit
|・)散歩にきて 噴いたΣ(x・

人肉の味っぱか・・?
あのなんというかのぅ臭みのあるラム肉風なんだっぱ
味付け前処理しないととてもじゃないが食えないっぱよ(x;
赤子なら別だっぱが・・・ なによ(ry

※グロ指定記事なのでちと毒入りコメントは省略しました。
一応、日本人一昔前にモグモグしているらしいっぱが
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E8%82%89
続きは次回の後に読むといいかもしれない(ヒソヒソ
歴史と密接に関係があるからのぅ・・
めけ : 2006年08月20日(日) 00:30 URL edit
UNIさん>>
(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
セシルさん>>
キニシナイキニシナイ。一休み。
エストさん>>
豚肉ににてるらしいっすよ!
セシルさん、カッパさん>>
(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/485-cb270f33

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲