スポンサーサイト::スポンサー広告 イベリアン・ガレオンは無理ないか?::歴史雑学

イベリアン・ガレオンは無理ないか?

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
新パッケは大開拓時代?
<< old
ラ・ロワイヤルってなんだろう?

2006-07-17 ; 歴史雑学

昨日に続き、本日も船の話題。イベリアン・ガレオンという船が公式であがってますが、この船・・・DOL内の特別仕様でパワーアップしてるならいいんですが史実どおりに出てしまったら・・・目も当てられなくなるんじゃないかなと思います。

●カリブでの格好の獲物・イベリアンガレオン
カリブ海賊は主にフランス・イングランド国籍の船が多かったのですが、彼らの狩対象は主に中米帰りのスペイン船でした。
現地住人を過酷に労働させて搾取した金・銀を積んだスペイン船は、拿捕すると非常においしい船だったのです。
この船はやたらと狙われるので、スペインとしてもなんとか護衛したり武装したりして被害を減らそうとしていました。
スペインご自慢の船がガレオンだったんですが(これが今回で言うイベリアン・ガレオンでしょう)、性能で勝る英仏のフリゲート艦になすすべもなく拿捕されまくっていたのが現状でした・・・。
そんな獲物としての船・・それがイベリアン・ガレオンです。

んじゃあ・・スペインにはコレダ!という帆船はないのか?というとそうでもないみたいです・・実はあるんですよ100門の戦列艦が!
其の名は、サン・フェリペ!

●サン・フェリペ
◆国籍
スペイン
◆成立ち
1693年に建造。108門の砲門を持ち三層甲板を持つ1級戦列艦。特に船尾の彫刻が美しく模型ファンには愛されている。
このサン・フェリペは、カリブ海における私掠船からスペイン船を守るためにがんばって作られ、投入されたのだが、1705年に英国との戦闘で大敗し、多くの財宝と共に沈没した。

ということは、フランスのソレイユ・ロワイヤル。イングランドのソブリンオブザシーと共に、100門砲を持つ戦列艦としていずれデビューすることも可能ですねえ。

こうなってくると、残りの国が100門戦列艦を持ってたかどうかを見てみたくなってきました。
ネーデルラントは、当時最高の造船技術を持っていた国ですので、これらの船を作る際にも彼らの技術が生かされてますので、全く問題なく実装できそうです・・・問題は・・ポルトガルとヴェネチアですが・・・・・・・・・・・。

・・・・見つかりません・・・誰か分かる方いますか?
関連記事
Entry Status
New >>
新パッケは大開拓時代?
<< old
ラ・ロワイヤルってなんだろう?

Comment

Lucrezia Rosso : 2006年07月17日(月) 07:35 URL edit
私としましては、スウェーデンの戦艦ヴァーサ号(1628年に進水)を推したいですね!
排水量1210トン、全長69メートル、大砲は約70門搭載、その上石造りのオーブンもついているという優れもの!!

現在でも唯一見ることの出来る17世紀の帆船であります。
まぁ、彼の船がその後どうなったのかお知りになりたい方は私のブログのTOP「歴史上、もっとも短い処女航海!? 」をご覧くださいw

そうそう。
ラ・ロワイヤルだけども、ルイ14世がコルベールの進言を受けてガレー艦隊をなぜか40隻も作っちゃった時の旗艦ではないかしら。コルベールいわく「君主の偉大さを印象づけ,外国人にその名声をとどろかせる上で,ガレー船以上に威力あるものはない」
で、その漕ぎ手を集めるのに犯罪者から放浪者、はてはプロテスタント、極めつけはフランスの聖地を訪問していたポーランド人の巡礼者まで捕まえて送ったそうです。
ところがつくってはみたんだけど、お金もなくなったし活躍の場もないってことで、漕ぎ手はマルセイユの石鹸工場で働いたりして工業が盛んになったという本末転倒なおはなしにw

ちなみに、フランス語で「最悪だ」を意味する「ケル・ガレール(なんてガレー船だ)」はこの故事からきているそうですよ。
能登の名も無き帆船好き : 2006年07月17日(月) 13:45 URL edit
wikiの転記ですが、各国の戦列艦のリストです。名前、砲門数、就航年で記述されております。
http://en.wikipedia.org/wiki/Category:Lists_of_sailing_ships
めけ : 2006年07月18日(火) 00:48 URL edit
ルクレさん>>
グスタフ・アドルフ閣下は、海軍・陸軍ともに列強に対抗するためいろんなもんをつくってましたなあ・・。
でも、ヴァーク号は出向した直後に・・・ORZ。
その派手な経歴のせいか、模型ファンには人気だねー。
帆船好きさま>>
英語サイトだだだ。がんばってよんでみるです。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/451-601cc7bf

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。