スポンサーサイト::スポンサー広告 ギリシャ火について::歴史雑学

ギリシャ火について

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
せかそー商会員募集
<< old
船窓FC始動

2006-07-01 ; 歴史雑学

以前ヘラクレイオスの記事で、ビザンツ軍はギリシャ火を使ってペルシア連合軍を打ち倒したと記述しました。
この記事は間違いです!お詫び申し上げます。

さて、このギリシャ火・・いつ使われたのかと言うと・・・諸説があるんですが、初めて使われたと言われてる最も有力な説は、614年から618年にかけてイスラム勢力ムアーウィアのコンスタンチノープル包囲戦で使われたそうです。
このときの王がコンスタンティヌス4世という皇帝で、614-618年はヘラクレイオスの時以上に滅亡寸前まで追い詰められた時代でした。

●ムアーウィア(603年?~680年)の侵攻
ムアーウィアは、後にムハンマドの正当後継者アリーを退けウマイア朝を創始する人物で、ムハンマドの後継者アブー=バクルに彼の兄がシリア制圧を命じられる。
彼は、兄に従軍しビザンツとの交戦に入るのだった。640年に兄が亡くなると、彼はその跡を継ぎ、対ビザンツ戦を着々と進める。
このシリア遠征については、ヘラクレイオスの記事を見ていただければわかるとおり、ビザンツ側の大敗北で終結する。
そして、第二代カリフ・ウマルによって、シリア総督に命じられると、さらにビザンツを追い詰めるべく活動を開始。
キプロス・ロードス島を制圧し、シリアを磐石のものにしたムアーウィアは、いよいよ首都コンスタンチノープルを落とすべく行動を開始するのだった。662年には、小アジアへ侵攻を開始し、669年にはコンスタンチノープル対岸のカルケドンまで軍を進めることに成功。さらにイスラム海軍は、673年にはエーゲ海・マルマラ海を超え、キュジコス半島を制圧。
こうして、コンスタンチノープルの周辺地域はイスラムに固められることになった。
しかし、ムアーウィアはかつてのペルシア王と同じく圧倒的なまでの首都コンスタンチノープルの防衛力に苦しむことになるのだ!
674-678年にかけて、コンスタンチノープルに攻め込むものの、囲い込むにはこの都市は大きすぎ、海軍はギリシア火という新兵器で撃退されてしまった。
こうして、首都陥落を免れたビザンツは、ロードス島までを奪回するのだった。しかし、ムアーウィアもあきらめず、679年にはロードス島を再占領とあくまでもビザンツと雌雄を決するつもりだったみたいだ。
しかし、680年にムアーウィアが没すると、イスラム(ウマイア)内で内乱が始まったため、ビザンツとイスラムは講和するのだった。

このようなエピソードがありました!
関連記事
Entry Status
New >>
せかそー商会員募集
<< old
船窓FC始動

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/433-121ad3bb

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。