スポンサーサイト::スポンサー広告 小悪魔な妻に悩まされたヘパイストス::発見物関連

小悪魔な妻に悩まされたヘパイストス

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
結婚生活に自身が失敗した「結婚の神」ヘラ
<< old
謎の生物を追え! 第二弾

2006-06-19 ; 発見物関連

天界の名工として名を轟かせたヘパイストスでしたが、その出生や私生活はあまりよろしくないようでした。ギリシャ神話発見物シリーズもようやくあと二つになりました。見捨てずにあと二つおつきあいください。

●鍛治の神ヘパイストス
ヘパイストスはヘラの息子であるが、一説には父がゼウスでないとする説が多い(ゼウスの妻はヘラ)。
といってもゼウスの息子ではない説にしても出生は変わっているようだ。なんと、ヘラが独力でヘパイストスを誕生させたというのだ。
ここから先の話が悲惨で、彼は生来醜く、足が悪かったためにヘラによって生まれてすぐに海に投げ捨てられてしまったのだ!(カワイソス)
幸運にもテティスに拾われた彼は、火山島で鍛治の技術を学びつつ成人し、密かに母への復讐へと闘志を燃やす・・。
満をじして、座ったとたんに、鎖に体を縛り付けられて身動きできなくするという罠を仕込んだ黄金の椅子を、ヘラに贈ったのである。
そうとはしらずまんまと罠にはまったヘラは、ヘパイストスに罠の解除を条件に、彼を認知する。
こうして、ヘパイストスはようやく天界に迎えられたのだった。
天界に登った彼は、持ち前の鍛治の技術を活かし、鍛冶場を生業とする。さらに、ギリシャ神話一の美女アフロディーテ(ビーナス)を妻に迎え幸せを掴んだかに見えた・・・。
しかし、彼はアフロディーテの浮気に頭を悩ませることに・・・・。
なんとか、アレスとアフロディーテの浮気現場を抑えることに成功したものの、妻を寝取られた彼こそ嘲笑の的になってしまう・・・。
いろいろと痛い話がいっぱいのヘパイストスだったが、鍛治の腕は誰もが認める超一流で、プロメテウスを拘束した鎖を作ったのも彼だった。
関連記事
Entry Status
New >>
結婚生活に自身が失敗した「結婚の神」ヘラ
<< old
謎の生物を追え! 第二弾

Comment

革命の日々 : 2006年06月19日(月) 13:56 URL edit
山ノ神は片目片足である。なぜなら鍛治をしていると目と足がつぶれるから。
といったのは、柳田國男だったか?
なんにしろ、鍛治の神は醜くないとアレなのでヘパイストスさんは合格ね♪(なぞ
uni : 2006年06月19日(月) 17:21 URL edit
ギリシャ神話の天界って昼メロ顔負けだな^^;
めけ : 2006年06月20日(火) 10:05 URL edit
セシルさん>>
鍛冶場は熱いから火山とか単純な成り立ちもきになるぜ。。
UNIさん>>
ギリシャ神話は、昼メロよりどろどろしていて残酷ですのお。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/416-bc52c62c

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。