スポンサーサイト::スポンサー広告 文明による自然破壊::歴史雑学

文明による自然破壊

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
もし、全ての港がリセットされたら?(トラックバックテーマ)
<< old
Eサーバー、Zサーバー訪問 編集後記

2006-04-25 ; 歴史雑学

混迷する覇権争いの途中なのですが、その8でハミルカルさんから興味深いコメントをいただきました。

●ハミルカルさんのコメント
フェニキア・オランダ・イングランド(特に18世紀前後)といった商業・造船・海運国家は、一方で森林破壊及び資源消費国家だったのではないでしょうか。 できたら見解お願いします。
(中略)
これから書かれる「世界一の造船大国オランダ」も当然相当の森林を伐採していますので、何がしかの影響はあったのではないでしょうか?

まさに、今からオランダをその9で見てみようと思っていたのですが、私の見解ではなく、古代からこういった森林破壊によって人類にどれほどの影響を与えたのかを見てみようかと思います。それによって、ひとつの指針となれば良いかなと思います。

●メソポタミアの環境破壊
オランダ・イングランド・フェニキアと環境破壊で深刻な被害を受けた国は古今東西いろいろあるが、人類の文明は生まれたてのそのときから、環境破壊が始まっていた。
世界最古の優れすぎた文明・・・メソポタミア文明でも実は環境破壊が起こっていたのだ。
まずは、メソポタミア人の文明がいかに優れていたかを見てみよう。

◆メソポタミアの驚くべき農業技術
メソポタミアの地理条件は決して恵まれたものとはいえなかった。その地理的条件は、ほとんどが平坦な沖積平野だったのだ・・。沖積平野とは、河川の堆積作用によって形成された平野のこと。
この環境は、人類の文明に必要な石や木材を手に入れることも困難な環境である。
通常、農業が発展しなければ文明としての発達が遅れるのが普通であるが、メソポタミア人は厳しい環境だからこそ、すばらしい知恵を発揮して農業を発達させたてきた。
メソポタミア人の知恵とは、世界で始めての「人口灌漑」の技術で、彼らはこの技術によって、紀元前8000年もの太古に大麦・小麦・豆類などの穀物生産を可能にしたというわけ。そして、最初は羊・山羊、後にはさらに生産性の高い牛・豚の飼育も可能となったのである。
これは、現在も残る穀物栽培と家畜の飼育を組み合わせた農業で、「地中海式農業」と呼ばれている。
この農業の発達によって、メソポタミア人の人口は20-50倍に膨れ上がり、ますます繁栄していくのだった。
さらに驚くなかれ、彼らの麦の生産性は種まき量のおよそ50倍!の収穫があったそうだ!
この50倍という数字・・・現在の日本の麦の生産性とほぼ同じだというのだ!(ちなみに、中世ヨーロッパでは5倍程度・・・・)

◆大打撃を受けるメソポタミアの農業
人口灌漑の技術で繁栄を極めたメソポタミア文明だったが、紀元前2500年ごろに、気候が乾燥していって、人口運河の水が蒸発していく・・。
そのため、灌漑用水はどんどん蒸発していき、そこに含まれる塩分が土壌に蓄積していってしまったのである。
これに拍車をかけたのが、川の上流域の森林伐採である。木を切り倒すことで、土壌が侵食され、塩分を含んだ土が下流に蓄積していって塩害をさらにひどいものにしてしまった・・・。
紀元前2400年ごろには、1ヘクタールあたり平均2536リットルの大麦収穫量(現在のアメリカの収穫量に匹敵するほど!)を誇ったメソポタミアは、この塩害によって紀元前2100年ごろに・・なんと・・4割程度の収穫高にまで落ち込んでしまったのだ!
この塩害の被害が南メソポタミアのシュメール文化の衰退に大きく影響しているといわれている。

人類の文明の発展と環境破壊は、文明が誕生した瞬間からはじまっていたのですねえ・・・。

関連記事
Entry Status
New >>
もし、全ての港がリセットされたら?(トラックバックテーマ)
<< old
Eサーバー、Zサーバー訪問 編集後記

Comment

nano : 2006年04月25日(火) 04:31 URL edit
メソポタミアはイラクのあたりでしょうか?
この時代には既に高い農業技術があって、生産性では現代に匹敵していたんですねー。
塩害・・・怖いな~
: 2006年04月25日(火) 07:30 edit
このコメントは管理人のみ閲覧できます
めけ : 2006年04月25日(火) 10:12 URL edit
NANOさん>>
そのとおり、イラクのあたりです。塩害は今ものこる被害らしいですよ!
ハミルカルさん>>
ご指摘のとおり、最後の6が抜けてました・・。眠いとだめっすなあ・・。ありがとでしたー!
ハミルカル : 2006年04月25日(火) 20:56 URL edit
記事立てて頂いてありがとうございます! このテーマは深いですね。 
ヘロドトスやストラボンに至っては、収量倍率300倍とかいってますからねー。後世の学者がホントかなと思うのも分かります。しかし実際のところ、エジプト・メソポタミア・黄河・インダス・中南米にしても、古代世界の文明はどこも今は砂漠化しているのを見ると、大地の能力を超えて、目先の事だけで無理矢理に生産していた気がします。
日本の林業は「祖父が植えた苗木を孫・ひ孫が切り出す」それはまあ気の長い産業ですので、戦乱でしょっちゅう支配者が変わるような政治体制や、すぐに結果を求める経済活動ではとても出来ません。(イラク戦争でウル時代の遺跡や粘土板とか、貴重なものがどれだけ破壊されたか、ちょっと考えるのもイヤですね。)

えー、リンク張らせて頂きました。拙いページですがよろしくです。(作って半日でめけさんが先にリンク張ってたのでビビリました)
: 2006年04月25日(火) 22:15 URL edit
はじめまして、いつも楽しみに更新まってます(><v
どんなにすぐれた文明であっても寿命がある・・・地球ってよくできてますよねぇ
地球を出るすべがある現代人だし、ほんとに地球外移住なんてこともおきそうですね。

グランドラインランキング : 2006年04月26日(水) 01:13 URL edit
突然申し訳ありません!
この度「グランドラインランキング」という総合ランキングを
開設いたしました!登録他全て無料ですのでどうぞよかったら
登録の方をお願い致します!
只今出来たばかりですので登録すれば多少のアクセスアップには
なると思います★貴重なスペースを頂いてありがとうございました!!
ランキングをポチって帰ります☆
もし、このコメントが迷惑な場合はお手数ですが削除をお願い致します!
めけ : 2006年04月26日(水) 02:31 URL edit
ハミルカルさん>>
そうです!深すぎてわたしの見解を述べれなかったデス。一般的に東洋は自然と共生し、西欧は自然の猛威と戦ったといわれてますが。難しい問題ですね・・・。
あと、つくってすぐに・・ブログ発見しましたので即リンクしました!!
朧さん>>
はじめまして!!お読みいただきありがとうです。
それをテーマにしたゲームが確か昔・・・。月に移住するとかいうゲームだった・・・のですが。
ランキングさま>>
これ以上ランキングには・・・。すいませんです。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/349-7091e748

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。