ローマを支えたセメント 追記::歴史雑学
FC2ブログ

ローマを支えたセメント 追記

2006-03-22 ; 歴史雑学

ハミルカルさんやくまエルフさんのコメントを見ていて、セメントに関する記述しかなかったので、こちらを追記として少し書いてみます。

●アッピア街道
今もローマに残る偉大で頑丈なアッピア街道。このアッピア街道は、ローマから10本以上の幹線道路が作られた中でも最も有名な街道で、その頑丈さは目を見張るものがある。
アッピア街道の建築工事は、約1メートルの深さまで地面を掘った後、モルタルや割り石を重ね下地を整え、その上から重い自然石を敷いて舗装する。
ここまで手の込んだ造りなので、この街道は驚異的な頑丈さを誇っているというわけである。
ローマから走る街道のおかげで、広大な帝国を使者が行きかうことができたし、通商にも便利で多くの商人がローマに訪れることになる。

●導水橋
古代の導水橋も古代ローマが残した建物の一つであるが、これらは、ローマの水力工学と土木技術が結集され造られたものであった。
また、古代の導水橋のほとんどは、水源を供給先の都市よりも高い場所に確保し、くだり勾配になるようにコースを選んで水を自然に流すといった単純なものであった。
ローマでも、都市部の人口が増加し、水の需要が高まると、導水橋の需要が高まり、カエサルやアウグストスによって工事が着工される。
この導水橋は、ギリシアの優れたものに習い、飲料水の供給だけでなく、郊外の農園の灌漑用や工業用さらには、公共浴場・公共施設にまで用いられるそれは大規模なものだった。
特筆すべき技術としてはアーチであった。アーチを使うことによって、工事量を減らし、畑や住宅地を横切る時も交通を妨げずにすんだのだった。

少し煩雑ですが、ローマの街道と水道橋について見てみました。
関連記事
Entry Status
New >>
宗教・生物上げ INサンジョルジュメモ+アデン
<< old
ローマを支えたセメント

Comment

ハミルカル : 2006年03月22日(水) 06:55 URL edit
「手の込んだ造り」がポイントのようですね。
現代でも、水の配合を少なくして密度を高くすれば500年以上もつコンクリートが作れる様ですが、それだと使いづらいしコストが掛かりすぎるので、やる建設会社が無い(奴隷もいないし)。
この時代はローマの軍団兵が建設に従事したり、有力者の寄付で工事していたらしいので、手を抜かなかったのでしょう。 早速の追記ありがとうございました。
めけ : 2006年03月22日(水) 10:37 URL edit
古代世界の公共建築物は、俺はすげえんだぞと、後世にまで伝わるようなものを求めて作ってるみたいですので、コスト度外視(逆にかければかけるほどよい)・頑丈であるといった特徴があるみたいですねー。
ハミルカル : 2006年03月22日(水) 14:49 URL edit
確かに、ピラミッドの原価計算とかやっている様では専制君主にはなれません。
(現代だと、ドバイのマクトゥーム王家が作ったリゾートホテルはこれに近いらしいが)
くまエルフ : 2006年03月22日(水) 19:19 URL edit
 ローマの水道橋は見てみたいスポットですねっ。

>古代世界の公共建築物は、俺はすげえんだぞと、後世にまで伝わるようなものを~
 趣味と実益を兼ねている辺りが、さすがはローマという感じですね。単なる権勢欲の誇示だけじゃなくて、きちんと公の利益にも沿っているし。どこぞの国会議員の方々にも見習ってほしいものです。


 お城の話も期待して待っておりまーす。
めけ : 2006年03月23日(木) 10:32 URL edit
ハミルカルさん>>
ですねえ!一度そんな感じでお金つかってみたいです。。

くまエルフさん>>
誇示と実益が兼ねているからこそ、ローマがローマたるゆえんなのですねえ。
お城の話ががりまっす!ありがとでしたー。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/317-b6c30d96

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲