スポンサーサイト::スポンサー広告 トラックバックガイドライン::雑記

トラックバックガイドライン

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
HNバトン
<< old
取引あげ!

2006-03-09 ; 雑記

正直トラックバックって今までなんのことかよくわかっていませんでした・・。私の認識では、トラックバックというのはリンクを相手様のページに飛ばすものと認識しております。

■リンクとトラックバックの流れ

●リンク
◆自分のサイト内→リンク先のサイト(相手のサイト)

●トラックバック
◆相手のサイト(自分でリンクをはる)→自分のサイト

ここでの流れの問題として、相手サイトに自分のサイトのリンクを張るということで、自分のサイトからはリンクしておかないと、相手サイトに行くことができないのです。過去に気が付かずに、トラックバックだけ飛ばしたことがありますが、その記事内では飛べなかったです。

■トラックバックの考え方
●相手サイトの記事に言及したので、言及しましたよというお知らせ。
●相手サイトと同じ分野の記事だったので、お仲間ですねと飛ばす。

ちょっと書いてて混乱してきましたので、
トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか[絵文録ことのは]
こちらのサイト様に分かりやすい説明がございます。

まあ、こんなことは前置きでして、今後の歴史ファンのトラックバックガイドラインをトラックバックを理解してので書いておきます。

●歴史ファンからトラックバックを送る場合
記事内でリンクを張った上で、トラックバックを送ります。お知り合いのブログ様もしくは、大航海関連のブログ様の場合は、忘れてなければコメントも残しにいきます。

●歴史ファンにトラックバックを送っていただいた場合
◆大航海関連サイト・ゲームサイト・歴史ファンからリンクしてあるサイト様
これらのサイト様の場合は、トラックバックのみ飛ばしていただいて、コメントも全くなしで好き勝手やっていただいてかまいません。

◆それ以外のサイト様
記事内に言及リンクがない場合でなおかつこちらにコメントをいただけない場合はトラックバック削除させていただくか、こちらからトラックバックを飛ばさせていただきます。

●お詫び
これまで、記事内リンクなしにトラックバックを飛ばしていた数々のサイト様へ、この場を借りてお詫びいたします。

明日から通常の歴史記事に戻ります!

追記
●大航海(MMO全般かは不明)におけるトラックバック
ゲームの仮想世界で会うことができるMMORPGにおいては、記事に言及するトラックバックはほとんど使われない。というのは、MMOにおいては、相手サイトの記事に言及するのではなく、その個人(キャラ)について、「○○さんのとこでは」「○○さんとお会いしました」などと語られることが多い。なのでトラックバックだと、一つの記事について言及するものなので、あまり使われないというわけである。
MMORPGブログでは、その人(キャラ)そのものの紹介であることがほとんどなので、ブログのトップページに記事内リンクを貼るのが一般的なようだ。現に歴史ファンにおいても、ほとんどが相手サイト様のトップページに記事内リンクを貼っている。

という事情で、言及リンクを貼っても歴史ファンではほとんどトラックバックを送信していないのです。今回もトラックバックしておりやせん。
関連記事
Entry Status
New >>
HNバトン
<< old
取引あげ!

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/302-c4e00ba1

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。