海の怪物クラーケン その1::発見物関連
FC2ブログ

海の怪物クラーケン その1

2006-02-06 ; 発見物関連

ひょっとしたら・・過去に書いてしまったかもしれませんが・・。大航海でもときおり姿を見せるクラーケン。こういう謎の生物を解明するにはあの書物・・そう、地獄の辞典からまたもや抜粋してみましょう。

●巨大な浮島
「波間に浮島がたびたび現れ、そこにはすっかり成長しきった樹木が生えている・・・。その小枝には葉っぱの変わりに貝殻がついているが、その島は数時間すると消えてしまう・・・」
こういった伝説は、北の海およびノルウェーの沿岸地方にも広く伝わっている。
トルフェウスの「ノルウェー史」などでこの話に触れられているが、民間人や船乗りたちの考えでは、これらの浮島は悪霊たちの住処で、航海者たちをからかい、計算を混乱させ、かれらの旅の面倒を増やすためにこうして海上に姿を現すのだという・・。
ポントピタン(作家らしい・・)によれば、ノルウェーの漁師たちはみな、互いの話に一つの食い違いも生じることなく揃って次のように断言するという・・。

●ノルウェー漁師の断言
数マイルほど置きに出ると、とりわけ一年でも最も暑い時期には、突然船の水位が突然下がるような気がする。測深器(水深を測る道具)を投げ込んでみると、150から180メートルはあるはずの水深が、50メートルにも満たないことがよくある。それは、海底と水面の間にクラーケンがいるからだ!
この現象に慣れてしまうと、漁師たちはその場所には魚(特にタラやラング)がたくさんいると確信して釣り糸を並べる。
そして、釣り糸を引き上げると獲物がたっぷりかかってくるのだった。しかし、もし水位が減少し続け、その一時的な動く海底が上昇してくるようならぐずぐずしてはいられない。クラーケンが目を覚まして動き出し、空気を吸いに、そして太陽のもとでその大きな腕を広げようと上がってくるのだ。
そんなとき、漁師たちは全力で櫓を漕ぎ、充分な距離をとってようやくほっと一息つく・・・・。
そして海面を見た漁師たちは、驚くべき光景を目にする・・。

続く・・・。

  • クラーケンは蛸にみえない?、ブログランキング
    関連記事
  • Entry Status
    New >>
    海の怪物クラーケン その2
    << old
    交易品なしで生きる INえうろす その4

    Comment

    Post a Comment









    管理者にだけ表示を許可

    Trackback

    http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/269-90684a8a

    歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲