スポンサーサイト::スポンサー広告 マグロの生態とか!::発見物関連

マグロの生態とか!

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
ウルトラクイズ告知
<< old
ウエストミンスター

2006-01-22 ; 発見物関連

料理の修正で、マグロのオリーブステーキが脚光を浴びています。そのため、マディラあたりでマグロを狙う釣り師の方が増えているように思います。しかし!そんなマグロの生態をあなたは知っていますか?わたしもよくわかりません(石なげないで・・)

●長距離ランナーのマグロ
北へ南へ忙しく移動する動物として、渡り鳥がよく知られているが、魚の世界もそのような種類がたくさんいる。有名どころでは、鮭で、広く太平洋を回遊し、生まれた川へ戻ってくる姿は、毎年テレビでも放映されているのでなじみぶかい。
実は、マグロの仲間も産卵のためや餌を求めて広い海を回遊している。
■マグロの回遊
マグロの回遊は、渡り鳥と同じシステムで、自分の体温より少し低い海域を泳いで回る。黒マグロでは体温が18-20度とされているので、北半球では、夏は水温の低い北へ、冬になると水温が高い南へと移動し、表面体温がだいたい15度前後の海を生活の場としているようだ。
■マグロの寿命
マグロの寿命は、だいたい6-7年くらいといわれていて、小さいうちは、海岸付近を泳ぎながら、エビ・かに・自分より小さな魚を食べ、大きくなるにつれて、外洋に行き、深いところにすむ魚などを食べるようになる。
■マグロの生態
マグロは自身を浮かせるために、常に泳ぎ続けねばならないので、泳ぐのに適した流線型・紡錘形になっている。また、体の大きさ(重たいのでは900キロを超える)パワー・筋力がすばらしく、特に背びれの筋力は魚の中でもトップなのだ!
諸説さまざまあるのだが、一般的にマグロは時速60キロで泳ぎ、危機のときには最大160キロで泳ぐ!そうだ・・・。

あまりやりすぎると、歴史ファンじゃなくなるので・・たまにはってことで・・・

  • マグロ!、ブログランキング
    関連記事
  • Entry Status
    New >>
    ウルトラクイズ告知
    << old
    ウエストミンスター

    Comment

    Post a Comment









    管理者にだけ表示を許可

    Trackback

    http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/254-d0014218

    歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。