さまよえるオランダ人::歴史雑学
FC2ブログ

さまよえるオランダ人

2006-01-03 ; 歴史雑学

幽霊船は、大航海でも出てきますが、これの元になったネタというのは、おそらく「さまよえるオランダ人」のお話からかと思っております。(某サッカー選手ではありませんよ)こういう、うさんくさいお話は、やはり悪魔辞典から見てみるのがいいかと思い、紹介しておきます。

●さまよえるオランダ人
ケープタウン(希望峰)沿岸に出没するという空想上の船。この船は、ほかのどんな船も危険を恐れて帆一枚挙げられないようなときに、すべての帆を広げる。この脅威の原因についての最も一般的な説によれば、その船はもともと豊かな積荷を積んだ船だったが、船上でなにか恐ろしい犯罪が行われた。次いで、疫病が発生し、罪人たちは港から港へとむなしく彷徨いながら、豊かな積荷と引き換えに安住の地を探していたのだが、どの地でも疫病を恐れて断られたらしい。そして船乗りたちのうわさによれば、神は船上で行われた犯罪に対しての懲罰をいつまでも人々の記憶にとどめるために、今なおこの惨事が起きた海域に、「さまよえるオランダ人」を出現させるのだという。航海者たちは、これが出現すると不吉な前兆と考える。別名「オランダの軽業師」とも言う。

この文章だけだとあまりよくわかりませんので、次回オランダの軽業師を見てみます。今回は短くて申し訳ありません・・・。

  • 幽霊船・・、ブログランキング
    関連記事
  • Entry Status
    New >>
    オランダの軽業師
    << old
    新年あけましておめでとうございます。

    Comment

    くまエルフ : 2006年01月03日(火) 10:51 URL edit
     喜望峰に出没する幽霊船といえば、喜望峰到達の英雄・ディアス提督(大航海オンラインにも出てますね)という説もあるそうですね。
     喜望峰到達・インド洋が大西洋と繋がっているという事実を実証したディアス提督も、続くガマ提督のインド到達の前にかすんでしまった上に、本人がインドに向かう途中で喜望峰付近で海難事故で死亡してしまいますし………その無念さが幽霊船伝説を生んだという話を聞いたことがありますよ。
    ルクレッツィア・ロッソ : 2006年01月03日(火) 17:23 URL edit
    「さまよえるオランダ人」といえば、やはりワーグナーでしょうw
    メルツ : 2006年01月03日(火) 17:38 URL edit
     なるほど、幽霊船にまつわる人の業の悲しさを感じますね~。
    次号も楽しみにしてますよ^^ノ
    めけ : 2006年01月04日(水) 00:07 URL edit
    くまエルフさん>>
    おおーそんな逸話もあるんですか!ゲーム内ではディアスさんいますので幽霊にはなれんですのお。残念。
    ルクレッツィアさん>>
    ワーグナーとは渋い!
    メルツさん>>
    日本でいう怪談みたいなもんじゃないかなあとおもっております。
    Mion : 2006年01月04日(水) 17:19 URL edit
    サッカーの彼のニックネームがこんなお話から生まれた言葉だったとは驚きです@@!
    ていうか、元ネタがあると思っていませんでしたw
    今年も色々勉強させていただきます^^v
    めけ : 2006年01月05日(木) 01:48 URL edit
    この話か・・ワーグナーのほうかは・・詳しく知らないので謎です!
    彼は偉大なプレイヤーでしたねえ。
    Post a Comment









    管理者にだけ表示を許可

    Trackback

    http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/233-e1d6ab79

    歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲