工芸品と織物(西地中海)::初心者用情報
FC2ブログ

工芸品と織物(西地中海)

2005-12-27 ; 初心者用情報

今回は西地中海を中心に、北海を含めた交易品情報をわたしなりに調べたことをメモっておきます。北海への入港許可が下りる前でも利用可能ですので参考までに。
カテゴリー3の入手方法については、こちら

●交易品をどこで落とす?
せっかくいろいろな手段を駆使して集めた交易品。なるべく高く売りたいですよね?
■チュニス・トリポリ
仕入れた交易品のほとんどは、このイスラム圏の港で落とすのが優秀です。チュニスに商館があるのなら、相場が悪ければ交易品をキープしておいて、相場のいいときに売ることも可能です。
■コペンハーゲン
西地中海から見ると最果ての地域になります。カテゴリーの入手クエストで行くことも多いので、北海に行く際には利用しるのが吉です。ただし、工芸品を持ち込んでもあまりおいしくないです。逆に、コペンの銀細工が熱い!
■その他の港
領地などふっかけ回数が多い港では、粘れば利益を出せます。ここに限らず、売値が110%以上になっている港では売り時です。

●関税について
■イングランド・ポルトガル・イスパニア国籍
非同盟港には、交易品に約13%の関税がかかります。売りでも買いでもかかります。
■フランス・ベネチア・ネーデルランド国籍
非同盟港には、交易品に約8%の関税がかかります。売りでも買いでもかかります。
■商館免税について
商館持ち商会は、商館がある港では免税。(ただし、わたしがフランス国籍ですので、フランス国籍だったら関税が0%になって、旧3国については検証していません。)

●買い時売り時
■買い時
同盟港では、110%以下なら充分利益がでます。新三国では106%以下、旧三国では100%以下ってところです。
■売り時
最低100%は欲しいです。チュニス・トリポリ・コペンハーゲンで105%越えてればわたしは、即売っちゃいます。その他の港でも120%こえてたりしたら迷わず売ります。

●交易品別考察
■西地中海での交易品優先度
高級衣料、宝石細工、サテン、銀細工、ベルベット、ガラス細工がわたしの中での優先順位です。サテンとベルベットは、北海にもっていくにもいい商品です。高級衣料と銀細工はチュニスのほうが北海よりも相場高いので運ばないほうがベターです。
■北海での交易品優先度
ゴブラン(フランスのみ)、高級家具、高級衣料、銀細工、亜麻、レースがわたしの中での優先順位です。イングのフランネル、ネーデルのオランダ更紗なんかもあります。ここで買ったものは、基本全てチュニス行きです。

●相場たけえよウワアアアアアアアアアン!!
陶磁器が相場にあまり左右されませんので、スキル上げと思ってナポリ-シラクサ(売りチュニス)でうろうろするか、アムステルダム・ジェノバで織物上げか・・・。あせらずじっくりいきましょう。

追記
うああ、タイトル間違えてました。修正完了。

  • 安全海域もいいお、ブログランキング
    関連記事
  • Entry Status
    New >>
    工芸品と織物 利益報告
    << old
    虎骨酒

    Comment

    Post a Comment









    管理者にだけ表示を許可

    Trackback

    http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/230-1b9cef5f

    歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲