スポンサーサイト::スポンサー広告 虎骨酒::歴史雑学

虎骨酒

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
工芸品と織物(西地中海)
<< old
王様交易品 考察

2005-12-27 ; 歴史雑学

昨日は交易品についてみてみたんですが、東南アジア実装時にはぜひ導入して欲しい高級酒があります。今回はそれを見てみます。その酒とは、「虎骨酒」と呼ばれる滋養強壮に効果のある薬酒です。

●虎骨酒
名前のとおり、虎の骨を白酒に漬け込んで造る酒で、その豪快さで有名になる。虎は勇猛強靭な動物で古くから中国では神聖視されるほど敬われてきた。そのような、勇猛な聖獣の骨を使った酒ですので、もちろん滋養強壮に効果があるとして貴族たちに愛されてきた。
またこの虎骨酒は、アルコール数60度のコーリャン酒に虎骨、桂皮、蛇肝、麝香、紅花、甘草など140種類もの薬材を配合した最高の薬酒なのだ!
中国の古文書にはこういった記載がある。
「虎の脛の骨を黄色くなるまであぶってから、それを砕いて薬材や麹とともに仕込んで酒とする」とある。今もむかしも虎は非常に高価な獣であったので、高級な交易品として期待したい!

みじかくてすいません・・・ふっかけが成功しなかったんです・・。
関連記事
Entry Status
New >>
工芸品と織物(西地中海)
<< old
王様交易品 考察

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/229-3abfce62

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。