スポンサーサイト::スポンサー広告 ボッチでもなんとか生きてます::自作小説

ボッチでもなんとか生きてます

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
ディストピアな釣り大会(lapisuo)
<< old
ユーザータウン(lapisuo)

2016-10-01 ; 自作小説

思いつきで投稿。プロットも何もないw続くかもわからんw
なぜだ、なんでこうなった!

西暦2950年、人類は太陽系を縦横無尽に航海していた。
時は第二次大航海時代と呼ばれ、様々な惑星探査が行われているが、未だ人類が居住可能な惑星は発見されていない。

地球はもはや人が溢れすぎ、自然とのバランスを考慮すると、もはや地球だけでは人類を支えられなくなっていた。
そのため、急速に宇宙探査の技術が発展し、太陽系のあらゆる惑星へ進出することが可能になった。

金星大気圏内、火星、月、軌道衛生、木星衛生の幾つかなど、強力な機械のサポートの元なんとか人類は生活圏を広げていたが、環境は厳しく、溢れ出た人類を全て支えることは困難であった。

火星と木星間にある宇宙ステーション「イェール」は、少しの努力をすれば人類が居住可能であろう惑星を発見していたが、いかんせん25光年も先にあったのだ。

そこで技術者の叡知を結集させて生まれたのが、長距離転移航法...端的に言うとワープ技術。

ワープ技術の開発成功のニュースは全人類の喝采をもって迎え入れられた。この技術を持って将来的な人口爆発にも耐えうる。そう期待されたのだ。

全人類の希望と期待を一身に受けた宇宙船ポチョムキンは、宇宙ステーションイェールから出航し、ワープを敢行した。

宇宙船ポチョムキンは見事、人類居住可能惑星「ホープ」へと到着することができた。

いや、出来たんだが。

乗組員がいない!

もう一度言う、

乗組員がいない!

全乗組員の宇宙服はある。しかし、中身がない。ワープの時にどうにかなったのだろう。乗組員のその後を想像したくない。

通信は不能。ワープ技術が不完全だったため、ワープ技術を応用した超光速通信とかいう通信は機能しない。もしかしたら、通信機が故障しているだけかもしれないが。

そんなことはどうでもいい!なんでよりによって俺一人なのだ。
いや、ひょっとしたら可愛らしい美女が残ってるかもしれない。

俺はメインコンピュータ「シルフ」にアクセスし状況を確認することにした。

シルフはポチョムキン号を管理するコンピュータで、最新の人口知能を搭載しており船員の技術的サポート、船の自動操縦などトータルで俺たちを助けてくれる。人口知能搭載のため、非常時の柔軟な対応も可能という優れものである。
音声サポートももちろん可能なのだ。

「シルフ!船員の状況を確認してくれ!」

シルフはファンタジーな小説によく出てくる風の精霊をモチーフにされており、俺たちがコミュニケーションを取りやすいよう、緑色の髪をした水着姿の小さな羽が生えた妖精のホログラムを出すことができる。

俺の声に反応して、シルフは妖精のホログラムを投影した。

「残念、島田健二はボッチになってしまった」

日本のアニメのような声で応答したシルフ...なんか態度おかしくないかこいつ。

「えっと、なんだその言葉使いはーー」

「島田、わたしはあなたのような下っ端になんで遠慮しなきゃならないのかなー?どう?くやしい?」

怒りでプルプルしながら、ダメだここで切れてはいけない。

「船員の安否はどうなっている?」

「生体反応は無し、地球から25光年、ここにいるのは島田だけ」

ガッデム!怖いので船員のことは想像したくない。

「ワープに取り残されて、宇宙空間に裸で放置されたものと推測します」

ギャー言うな言うな。そんな感じだろうなとは思っていたけど。容赦ないなこいつ。

「船に損傷箇所はあるか?」

「通信機が使用不能以外は、オールグリーンよ。島田。はやくホープに着陸しようよ」

ここにいてもジリ貧だ。とにかく通信さえなんとかなれば希望はある。
着陸し、長期滞在可能なら、修理もできるだろう。

着陸候補地は2つ。極地域、赤道付近にある大きな大渓谷。
現地の平均気温は85度。気圧は1.5気圧。酸素濃度は2パーセント。
とにかく暑いので極地域と渓谷の下ならまだ気温もましだろう。太陽光を利用することを考慮すると、極地域のほうが有利だ。ただ、極地域は起伏が激しくプラント設置に支障が出るかもしれない。

「よし、大渓谷へ着陸しよう。頼むぞシルフ」

「あいあいさー」

こうして、俺たちはホープ大渓谷へ向かったのだった。

「俺のボッチライフがはじまる!ただの整備員島田は生きていけるのか。乞うご期待」

変なこと言ってないで、船動かせやー!
関連記事
Entry Status
New >>
ディストピアな釣り大会(lapisuo)
<< old
ユーザータウン(lapisuo)

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/2103-18c5617c

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。