スポンサーサイト::スポンサー広告 ディストピアから愛を込めて その8::自作小説

ディストピアから愛を込めて その8

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
ディストピアから愛を込めて その9
<< old
ディストピアから愛を込めて その7

2016-09-30 ; 自作小説


ついに手漕ぎボートが完成した!
苦節4日間。いつの間にかもう日曜日にらなっていた。途中製作してない日もあったからね。

茜が言っていた作るのが楽しいって気持ちが作ってるときもそうだったけど、完成するともっとだった。予想以上に完成した達成感と喜びがすごい。例え、浮かべた途端に沈んだとしても僕は満足だね。

「やったね!」
「うんうん」

お互いの手を叩き合う。ハイタッチと言うらしい。喜びを表現するあれだ。以前茜がやってたやつだったかな。

ぽつぽつ

喜びに言葉通り、水をさすように雨が降り始めた。

この世界でも雨が降るんだねーとのんきにつぶやいている茜をよそに、僕は手漕ぎボートにビニールシートを被せた。
こういう時のために、ビニールシートを用意しておいて良かった。茜のおかげである。

最後に雨が降って来てしまったけど、ようやく完成だ。
この日は、手漕ぎボートで繰り出すためにいろいろ注文しようと、自転車屋に行くことにしたんだ。自転車屋でなんでも揃う大和国。便利だよ。

「えー、ビキニはちょっと...」

恥ずかしそうに頬を染めながら、ビキニを手にとってモジモジする茜。
ちょっとならやめておけばいいのに、なんで僕を見るんだ。

「えー、でもー健二くんが、どうしてもっていうならー」

あー、このパターンはどうしてもって言って欲しいんだよね。

「ビキニがいいなー」

「仕方ないなあ、もう」

と言いつつ、顔は仕方なくないんだけど。思わず笑ってしまうと、キッと睨んでくる茜。こういうのってなんて言うんだっけ、可愛い?だったかな。

「茜は泳げるの?」

「正直、わからないのよ。ここに来てから泳いだことないもの」

「僕も泳いだことないからなあ。浮き輪ってのと救命着てのを頼んどけばいいのかな?」

「だねー。リアカーに積めば大丈夫!」

水着を注文した後は大きめのリュックとか、水とか着替えの下着とかを選んでいき、準備を整える僕たちであった。


さすがに遠い。
リアカーの端に腰をかけ、足をブラブラさせる茜をチラリと見つつ、僕は無言でリアカーを押し続ける。アスファルトの道は傷一つなく、リアカーが止まることは一度も無かったけど、徒歩となると海まではなかなかタフだ。
ボートを浜辺に浮かべるか、岩場に浮かべるかギャーギャー言ったけど、よく考えてみるとボートが重くて持ち上げるのが大変だったので、岩場はない。
進水式の前に浸水するよ、船底が。


「後少しだー。がんばれー」

声援はいいから一緒に押してくれないかな。
砂浜にボートをおろした僕は、体重をかけボートを押している。
あと少し、ようやく船首が海水に浸かる。

最後ー。

って、いつの間にボートに乗ったんだ。
汗をダラダラ、顔を真っ赤にしながら、押していた僕には気がつかなかった。すでに、茜はボートに乗っていた...しかも水着に着替えている。
白地に水玉模様の水着。スカートは脱いでいるようだけど、制服のブラウスは着たままだった。
なるほど、最初から着ていたな!
こら、海水を掛けるな。


揺られるボート、波の音、太陽のキラキラ。キラキラに反射する波。目の前には茜。ボートが浸水しなくてよかったよかった。無事海の上でゆっくり出来そうだ。

さっきから茜の目線が痛いんだけど、なんだなんだ。
僕は海の上に浮かんだボートに感動しているのだ。

う、まだ目線が。

「なにかなー」

「何かないの?」

両手をぶんぶんする茜。

あ、ああ。

「水着見えないからわからないよ」

ブラウス着てるしね。意地悪してやろう。

「も、もう。そんなに言うなら」

赤くなりながらブラウスを脱ごうとしたみたいだけど、やはりやめたらしい。

浜辺の左右は岩場になっていて、砂浜と岩場で半円を描いている、半円の先は海を挟んで小さな島が見える。

あの島には何があるんだろう。ここは砂浜と岩場の入江なので、波も穏やかでボートもあまり動かない。
海の上ってこんなに気持ちよいものだったんだー。

「しあわせー」

茜は、いつの間にか注文していたクーラーボックスからカップアイスを出してきて、スプーンで掬っている。

幸せ...

馬場健二、あなたは幸福ですか?

はい。僕は幸福です。

毎朝のコンピュータの言葉が頭をよぎる。幸福、幸せって何だろう。
アイスを食べること?うーん、幸せかも知れないけど、ちょっと違う気がする。

楽しいことはどうだろう?幸せかもしれない。たくさん楽しいのがあれば、幸せ?幸せとはそういうものなのかなあ。

なら僕は今幸福だ。コンピュータに自信を持って僕は幸福ですと言おう。

「ねーねー」

呼びかけに顔を上げる。目の前には顔だけでなく、体までうっすらと赤くなった茜。ん、ブラウスを脱いだらしい。
水玉ビキニがハッキリと僕の目に入る。

つられて僕まで赤くなってしまう。

「えーっと」

僕が赤くなりうつむいてしまったので、逆に彼女は驚きで冷静になったみたいで。

「反応があるなんて思わなかった...」

僕だって、赤くなるとか思わなかったよ!
急にニヤニヤしだす茜。ふーん、とか言ってる。なんだよ。

「か、かわいいよ...たぶん」

言えばいいんだろ!

「たぶんって何よー!」

うがー。まて僕。うがーじゃ何のことかわからない。でも今の彼女を表現するなら、うがーだったんだ。

「あの島まで冒険してみない?」

さっき僕が見ていた入江の先にある島を指差す茜。このボートで行けるのだろうか。

「行けなくてもいいんだよ」

「そうだね。楽しければいい」

「溺れるなよー」

お互いの声がハモった。
先に浮き輪で遊んでからにしよう。
っと浮き輪で遊んでたら、夕方近くになって来たので僕らは急いで帰路につくことにした。
次からは自転車で来れるし、島に行くんだ。
関連記事
Entry Status
New >>
ディストピアから愛を込めて その9
<< old
ディストピアから愛を込めて その7

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/2098-31e769de

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。