スポンサーサイト::スポンサー広告 (MH4G)ギルクエ140 ジンオウガ::MH4g

(MH4G)ギルクエ140 ジンオウガ

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
AIPrime 2台設置
<< old
ロングテンタクルアネモネの飼育

2015-04-22 ; MH4g

ギルクエ140 ジンオウガ

ギルクエでジョーと並び手強いモンスタージンオウガについてです。

*報酬
セルレより下の危険度なので苦労の割りにはですが、セルレより確実に強いです。

*組み合わせ
ジンオウガとラーの二頭クエが一番タフな気がします。
というのはジンオウガはガンナーと相性がよく、ラーはガンナーと相性が悪いからです。

*主な行動
極限時は前足、非極限時は頭を狙うのが基本です。

・雄叫び
耳栓で防げます。これは大きな隙です。

・ピンク玉
極限時のみ。この玉は追尾してくる上食らうとシビレますのでピンク玉でたらジンオウガから離れ、回避に専念したほうが安定します。

・背中ビターン
飛びあがって、背中からビターンします。ビターン時に玉出しますが落ちてきたあと溜め3が入るくらいのチャンスです。

・三連お手
このお手は長い距離追いかけて来ますので、回避はジンオウガの後ろ足目掛けて突っ込むようにします。
徒歩でもかわせます。これもお手の後大チャンスです。
ガンナーならお手中後ろからずっと打てます。

・ビリビリ溜め
溜め終わった後はビリビリくらいます。溜め中はチャンス。

・真上大回転ジャンプ
これ攻撃力が高く即死します。張り付いてるとよく食らうんですよね。
着地後はチャンスです。

・くるりん後玉出し
その場で軽く一回転して玉がでます。チャンス。

・尻尾ビターン
定番攻撃。二連お手の後などにつないできます。ビターン後はチャンス。

・タックル
分かりやすい前動作があるのでタックル後に攻撃できます。

*スキル
組み合わせモンスター次第なところはあります。

・耳栓
雄叫び中はチャンスです。割に範囲広めですのでつけれるようなら。

・居合
大剣の場合有効です。組み合わせがラーかジョーの場合他のスキルとの兼ね合いで。ティガやブラキなら居合採用して損はないかと。

・痛撃
大剣、チャージアックス、連射弓では特に有効。双剣片手などリーチの短い武器には挑戦者を優先したほうがダメージでると思います。とはいえ、代わりに攻撃アップつけるなら痛撃のほうがよいと思います。
これも組み合わせ次第です。ラーなら必須ですし、双剣片手でジョーなら他優先。

・耐震
必要ないです。ジョーラーならあったほうがよいかと。

*武器種
・大剣
万能火力武器大剣は問題なく相手できます。ジンオウガ二頭とかなら居合でスタンも有効な手です。

・チャージアックス
榴弾ビンならスタンとりやすい相手な上、ガードポイントを使えば攻撃チャンスが大剣より多いのでいい感じ。

・ヘビーボウガン
近寄れない動作が多いジンオウガにはヘビーボウガンがかなり有効です。ジンオウガはラーと違い近接だろうが走り回るので気にせず行けます。極限状態でも変わらず攻撃し続けれますので一番火力が出せると思います。

・操虫棍
火力棍では変わらずいけますが、スタールークを採用すればピンチに乗れます。ジンオウガは耳栓で防げますので乗りも安定するかと。
乗り拘束のサポートも有効です。
麻痺双剣より乗り拘束、罠、麻痺のほうがパーティによってはかなり安定します。麻痺とるなら発掘が必要。パラライズヴァインは火力があまりに低いので苦労するかも。それなら爆発担いだほうがよいです。

・ライトボウガン
ヴァルレギオンの速射が極限解くのにかなり有効。ジンオウガの極限時は死亡率が高いのでヴァルレギオンもよいです。

・弓
発掘連射弓は睡眠も打てるのと頭を集中的に狙えるので最適かと。
拡散ももちろん悪くないです。

・ハンマー
ジンオウガはスタンを取りやすいのでハンマーさんも生きると思います。組み合わせがラーだとあれですが。

・双剣
火力双剣は弱点が狙いずらいので挑戦者組のほうがよいかもです。
麻痺双剣は変わらず拘束力が高いのですが、ジンオウガの帯電時にシビレ罠きかないので注意。
拘束力は乗り麻痺操虫棍のほうがあるかもしれません。

・笛
ガンナー主体だと耳栓と攻撃アップで大活躍間違いなしです。もちろん近接パーティでもいけます。

*拘束
拘束は好みあるので個人的な主観で書きます。

・操虫棍
だいたい乗り2から3、麻痺一回、落とし穴の拘束が可能です。
ガンナーがいる場合は極限解除後、乗り、落とし穴、麻痺、乗りで拘束。再極限に備えて乗り値ためておくといった動きです。

・麻痺双剣
ガンナーがいる場合は極限解除に合わせて落とし穴、麻痺、置けそうならシビレ罠です。これだけだと削り切れないのであとは攻撃にまわります。2か3回麻痺取れます。

・連射発掘弓
他に拘束いなければ、適当に睡眠発射。

あれスラアクさんや太刀さん片手さんがないぞー。

スラアクさんと太刀さんはリーチあるので頭狙う、片手さんは盾を生かしてピンク玉に当たりそうな人を守ったりできるよ!

ランスガンスは、また今度!
関連記事
Entry Status
New >>
AIPrime 2台設置
<< old
ロングテンタクルアネモネの飼育

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1739-096ed76c

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。