スポンサーサイト::スポンサー広告 ロングテンタクルアネモネの飼育::水槽単独記事

ロングテンタクルアネモネの飼育

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
(MH4G)ギルクエ140 ジンオウガ
<< old
AI Primeの設定

2015-04-21 ; 水槽単独記事

Aiprimeは無事二台手に入りましたので二台取り付け完了しましたらアップします。

サンゴ飼育のテンションガタ落ちの中高価なLEDを購入してしまいました。

なんでサンゴ飼育ガタ落ちなのかというと、ロングテンタクルが大暴れな状況のためです。

コモン全て、ウスコモン全て、ハナヤサイ、チヂミトサカ、マメスナと全てロングテンタクルの触手に一発でやられてしまい。
現在水槽にはトサカ二個とスターポリプ、残りはコモンやマメスナの残骸が残るのみです。



全くひどい状態ですw

さて、ロングテンタクルアネモネの飼育ですが非常にしぶとく容易かなあと思います。導入してから三ヶ月乗り越えればあとはほっておいても大丈夫かなと。

*ロングテンタクルアネモネの飼育
・飼育期間
4年くらい?
・照明
蛍光灯2灯から6灯、スポットLED、システムLED全部大丈夫です。
蛍光灯のほうが向いていると思います。
巨大化したので。
・水流
ないほうが調子よさそう。ポンプきってもつけても調子はあまり変わりませんが、水流が弱いところに逃げます。
・水質
硝酸塩、リン酸が多少あるほうがよく育ちます。油断して水換えサボったときやスキマーの電源入れ忘れたときに調子よかそうー。巨大化します。
・色
元は綺麗なブルーでしたが、すぐに緑になりました。光あてないほうが色維持できたかも。最初のブルーLEDが壊れしばらく蛍光灯にしたらすぐに緑、茶色になりました。
・底砂
なくても大丈夫です。あれば潜ります。

ロングテンタクルなんとかしないとサンゴ入れれないです。
かといって捨てるのもしたくない。

大きな隔離ケースにクマノミごと移すのもありかなあ。
うーん。

水流ポンプはこれから修理に出そうかなと、なおればいいなー。ポンプ復活したらサンゴ入れれます。サンゴ入れる前に今止めているバイオペレットかno3-を稼働させないと。
関連記事
Entry Status
New >>
(MH4G)ギルクエ140 ジンオウガ
<< old
AI Primeの設定

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1738-2844e646

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。