スポンサーサイト::スポンサー広告 最大で最後のガレー同士の戦い::歴史雑学

最大で最後のガレー同士の戦い

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
最大で最後のガレー同士の戦い その2
<< old
ガリレオ・ガリレイ その2

2005-10-29 ; 歴史雑学

スペインは、弱体化したハフス朝のチュニス、アルジェを攻略し、勢いにのっていたのだが、ハイレディン・バルバロッサによって、アルジェを奪い返されてしまう。アルジェを奪還したハイレディンは、オスマントルコと結び、勢力を拡大する。それに対し、スペインは、東地中海の覇権を狙うヴェネチアとローマ教皇と結びハイレディンとプレヴェザで交戦するが、圧倒的兵力であったスペイン連合軍は、指揮官アンドレア・ドーリアのやる気のなさと、ハイレディンの有能さの前に敗れ去ってしまう。その後、復讐に燃える連合軍は、再びオスマントルコにレパントで戦いを挑むのだった。

●レパントの海戦
■戦力
<連合軍>317隻 84000人
オーストリア公ドン・ジョン(総司令官) 64隻
ドリア 54隻
バルバリゴ 54隻
サンタクルズ 30隻
<オスマン軍>242隻 88000人
アリ・パシャ 94隻
ウルチ 93隻
シロッコ 54隻

■配置
<連合軍>
サンタクルズ(後衛中央)
ドリア(右翼)、ドン・ジョン(中央)、バルバリゴ(左翼)
<オスマン軍>
ウルチ(左翼)、アリ・パシャ(中央)、シロッコ(右翼)
向き合ってるので、この並びとおりにぶつかり合う。

ここで、オスマン軍は全てガレー船。連合軍は、巨大な要塞船ガレアスが6隻、ガレオン26隻、ブリガンティンやフリゲートなども76隻用意していた。ほぼ全ての艦隊がガレー船となった歴史上最大で最後のガレー船の海戦がこのレパントの海戦であった。戦闘経過については次回で・・・。この戦いでの要は、ガレアスだったのです・・・・。

  • 海戦!、ブログランキング
    関連記事
  • Entry Status
    New >>
    最大で最後のガレー同士の戦い その2
    << old
    ガリレオ・ガリレイ その2

    Comment

    ジャンヌ : 2005年10月29日(土) 04:05 URL edit
    ゲーム内でラ・レアルにこだわり続ける者として、すっごい気になります・・ドキドキ

    ゲームは時代が進みすぎたのかガレー同士の大海戦なんてあんまりないよぉです・・
    めけ : 2005年10月30日(日) 00:27 URL edit
    レパントは白兵とかあって、結構興奮します!やっぱ砲撃より白兵のがかっこいいとおもうのは私だけではないはず!
    Post a Comment









    管理者にだけ表示を許可

    Trackback

    http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/170-d827edbb

    歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。