セイレーン その2::発見物関連
FC2ブログ

セイレーン その2

2005-10-25 ; 発見物関連

ジュゴン結構不評?だったのか・・・いまいち反応が悪かったんで続きやめておこうかと思ったんですが、せっかくですから・・・。

●ジュゴン
海牛目に属する海生の草食哺乳類って・・難しい言葉だが、アザラシや鯨のような、海で住む哺乳類と思っていただければそう間違いでもない。
さて、このジュゴンは4千万年前の始世紀に、ゾウと同じ祖先から分かれたものと考えられており、初期の海牛類はアフリカで誕生し、事実エジプトの堆積物中から発見されている。
この初期の海牛類は、すでに海牛類の特徴である重い骨の組織、下向きの鼻などの特徴をもっている。
現存する動物の中で血縁的にジュゴンに近いものは、ゾウやイワダヌキである。
って・・・・・ジュゴンはゾウだったのか!驚きです。しかもこのジュゴン、1966年には国際保護動物に指定されている希少動物なのです。さらに、ジュゴンは長期飼育に成功した例がなかったのだが、唯一日本の鳥羽水族館で長期飼育に成功している。ジュゴンが見たい人は鳥羽水族館へみにいこう。

●ユニコーン
ユニコーンとは「一角獣」とも表現され、さまざまなファンタジー世界に登場する。このユニコーンは、1551年にゲスナーの「動物誌」に紹介され、その容貌はこんな感じである。
割れたひづめを持った馬形で、ライオンの尾を持ち、頭部に一本の角をそなえた動物である。
この動物誌は1551年に世に出たので、大航海時代中期では一般の人々はユニコーンという生物を信じていたのだろう・・・。
たしかにユニコーンは存在します・・・・それは・・・・・。



ikkaku.gif

・・・・これに角(実は牙)がついたのがユニコーンのモデルとなったイッカクです(イッカクの画像がなかったので、同じ科に属するシロクジラの画像となってます。AQUAHEART様より画像をお借りしました。)
雄の牙はなんと2.5メートルにもなるそうです。
つか・・・足さえねえええええ!!!!
不評でなかったら、次回はイッカクの生態についてでも・・・。これ続けると、歴史ファンじゃなく・・海生生物図鑑になってしまう・・。

  • イッカクもかわいいよイッカク、ブログランキング
    関連記事
  • Entry Status
    New >>
    ガリレオ・ガリレイ その1
    << old
    セイレーン

    Comment

    シノン : 2005年10月26日(水) 01:34 URL edit
    人魚説はジュゴンだけじゃないよ?マナティーは説明なし?w
    めけ : 2005年10月26日(水) 01:41 URL edit
    んとですねwマナティの画像・・ジュゴンに比べてかわいかったからとばしちったw
    マナティも資料はあるので、またのきかいにーー。
    すか : 2005年10月26日(水) 07:26 URL edit
    ジュゴンもマナティも飼育されてる水族館、ありまっせ!
    めけ : 2005年10月26日(水) 15:36 URL edit
    まじかよおお。
    ってスカさんもここ発見したかw
    ひっそりやってたんだけど、にふぇちゃんの絵はすげえなw
    おいらの見た資料では、鳥羽水族館でジュゴンが飼育されたことがあるけど、33日で死んだとかかいてました!
    種がちがうんかな??
    めけ : 2005年10月26日(水) 15:39 URL edit
    すかさん~原因わかた。
    おいらの持ってる資料1970年くらいまでだわw
    これ今日かえったら訂正しとく。
    Post a Comment









    管理者にだけ表示を許可

    Trackback

    http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/166-d1e81bb5

    歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲