スポンサーサイト::スポンサー広告 迷宮の歩き方::小説紹介

迷宮の歩き方

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
エダコモン白化
<< old
ご無沙汰しておりました

2012-04-03 ; 小説紹介

俺の人生ヘルモード(http://ncode.syosetu.com/n2877u/)という小説を以前紹介しましたが、今回紹介する「迷宮の歩き方」は、ヘルモードの初期の絶望感をずっと持続したまま続く小説になります。

・迷宮の歩き方(http://ncode.syosetu.com/n2460z/
スタートから天人すら久遠を生きずまでずーーっと死亡一歩手前までの緊迫した状況が続きます。特徴的なのは登場人物が主人公以外ほぼなし。はじまってからかなり経過してからようやく一人の少女と出会いますが・・それも・・。
仲間との掛け合いなし、体はボロボロになりどんどん機能停止、明日さえ乗り切れるか不明。
そんな緊張感の中でも主人公は「生き残る」ということに執着し、好感が持てます。

(あらすじ)
今、男が一人、見知らぬ樹海に放り出された。何も知らない彼は日本へ必死に帰ろうとするが、行く手には困難ばかり。何故自分なのか、ここは何処なのか、どうすればいいのか、誰も教えてはくれないのだ。ここから出るためには迷宮を知り尽くし、完全に踏破したものに神が与える称号「歩く迷宮」が必要だと言うことも。

迷宮とは何なのか、何故彼が異界の地に足を踏み入れてしまったのか、冒険の果てにその答えは眠っている。

不定期、書き換え上等。流血表現を含みます。

あらすじにある、歩く迷宮の称号など謎は全く回収されていません。これからどのように伏線回収が行われるのか楽しみです。
関連記事
Entry Status
New >>
エダコモン白化
<< old
ご無沙汰しておりました

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1615-089795fb

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。