スポンサーサイト::スポンサー広告 全ての歴史はシュメールからはじまる::歴史雑学

全ての歴史はシュメールからはじまる

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
大航海時代の裏に、宗教改革 その1
<< old
ピタゴラスの真実

2005-10-18 ; 歴史雑学

ピタゴラスの定理は、ピタゴラスが生まれる前からエジプトでは使われていたというお話を前回いたしました。
しかし、この定理、エジプトで開発されたものではなかったのです。
この定理を発見したのは、文明の開化者シュメール人だったのです。

●シュメール人の数学
シュメール人は前4000年ごろメソポタミアに移住し、前3000年ごろにはギルガメッシュ叙事詩で有名なウルクやウル、ラガシュなどの史上最古の都市文明を築き上げた。
彼らは、楔形文字や車輪などを発明したのだが、詳しくは当ブログでいくつか記事があるので、検索窓もしくはDBのほうで興味ある方は見てみて欲しい。
さて、この優れたシュメール人の間ではエジプトでピラミッドが作られる以前に、この定理を使って神殿を構築していた。
このことで、この定理は、シュメールからエジプトへ伝播したと想像できる。
考古学者サミュエルの言葉に「文明はシュメールで始まる」という言葉があるが、あらゆる文明はエジプトより先にシュメールで発見されていたのである。
■円周率
ピタゴラスの定理以外の例として、円周率を出してみよう。この円周率は、前3世紀アルキメデスが算出したとされているが、実は、アルキメデスが生まれる2000年以上も前に、エジプトではピラミッドを作るために円周率を使っていたのだ。しかし、これより以前に、シュメールの祭司や書記たちはとっくに、円周率を計算しつくしていた。
工芸品、文字、幾何学などあらゆる文明は、シュメール人を発端としていると言っても過言ではないのだが、なにか納得がいかない・・。
いろいろな文明が交じり合って優れたものだけが残っていくのなら話はわかるのだが、シュメールだけとなると話は変わる。彼らは、彼ら以前のすぐれた文明からいろんなことを学んだのではなかろうか???
それこそオーパーツにつながる文明から・・・。

  • シュメールで、ひとたたき!、ブログランキング
    関連記事
  • Entry Status
    New >>
    大航海時代の裏に、宗教改革 その1
    << old
    ピタゴラスの真実

    Comment

    Post a Comment









    管理者にだけ表示を許可

    Trackback

    http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/160-8b998411

    歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。