スポンサーサイト::スポンサー広告 アケボノハゼの餌付け::雑記

アケボノハゼの餌付け

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
読み物紹介
<< old
アケボノハゼと混泳の様子

2011-11-03 ; 雑記

アケボノハゼは餌付けしなくても餌食べます。

一言で終わってしまいました!

海水魚はなかなか餌を食べない種類のほうが多いと思いますが、ハゼはすぐ食べます。

初日、二日目あたりは新しい環境にびっくりして臆病になってるようでビクビクして餌どころではありませんが、落ち着くとすぐ食べると思います。

といってもカクレやインドキンギョハナダイのように機敏に餌を食べませんので、ハナゴンベと同じく餌を水中にまいてあげてライバルがいない餌でしたら食べれます。

単独飼育ならそんな心配もなく食べると思います。

ハナゴンベと同じく普段からおとなしく他の魚にちょっかいださないですが、強いわけではなく餌取りで圧迫されると餌取れません。

餌といえばおもしろいのがインドキンギョハナダイ。

とにかくすごいスピードで水面だろうが水中だろうが餌を取ります。
しかし、食べきると餌を吐き出します。飲み込まずに口の中に入るだけ詰めるのか飲み込んだものの入れすぎて出てくるのかはわかりませんが・・・。

とにかく食べたものを一回吐き出してからまた食べます。
この吐き出した餌は、ハナゴンベやアケボノハゼも取りやすいみたいでこの餌も彼らの狙う餌のようです。

サンゴにも近寄っていなかいのでアケボノハゼはサンゴに優しい魚かと。

ただ・・・何かびっくりすることがあるとそらもうすごい勢いでジャンプします。

フタにぶつかってまた水槽内に落ちますが・・・・。

フタしてないと確実に飛び出し事故でお亡くなりになると思います。フタはしたほうがよいです。

フタができない環境でしたら、サテライトや隔離ケースに入れて飼育するのもありじゃないかなーと。
イエローヘッドジョーを以前飛び出しで☆にしてますが、彼らより跳ねる頻度はかなり高いと思います。

飛び出し事故にご注意を・・・。
ていいながら・・私がやったりして。
関連記事
Entry Status
New >>
読み物紹介
<< old
アケボノハゼと混泳の様子

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1565-1a8cd7b2

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。