スポンサーサイト::スポンサー広告 魚の餌::水槽単独記事

魚の餌

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
FC2アクセス解析
<< old
DOL経済学 その5 為替のお話 その2

2011-09-06 ; 水槽単独記事

お魚の餌っていろいろあげてるのですが、正直あまり違いが・・・。

ヤッコについては少し好みがありそうですが、ハナダイやスズメダイなどは最初から何でも食べますので・・どうも違いが。

今所持している餌について記載します。

・メガバイト グリーン S
手持ちの餌では一番粒が小さいです。しばらく浮いてから沈みます。この餌は植物性で小さめのヤッコはよく食べます。
7センチくらいあるヤッコだと逆にシュアーSのほうが食べる印象。

生菌剤(ひかり菌)が魚の腸内で活性化し、消化吸収・体調の改善に働きかけるプロバイオティクスフードです。


とのこと。

・デルマリン EX Sサイズ
これは、スミレを導入したときに買った餌です。この餌はいまのところスミレに関しては一番食べる餌だと思います。

デルフードの『消化菌』は、ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌のように腸内で消化と栄養分の吸収を助けてくれる生きた『腸内細菌』のことです。


胃腸によさそうと思い導入しました。

・シュアーS
餌としてはおそらく最もメジャー。たいがいの魚はよく食べます。大きめのスミレはこれが一番でした。

・テトラマリンジェル
冷凍と乾燥餌の間くらいのフード。ジェル状になっている生餌です。これは植物性。
スミレさんも食べました。お腹に優しいと思い購入。最近あまり使ってません。やはり乾燥餌のほうが使いやすいです。

ジェルタイプの新ウェットフード!

とても餌付きやすいので、ドライフードに慣れていない海水魚にも適しています。
レトルト製法により、めんどうな冷凍保存の必要がありません。
ジェルコーティングすることで、一般的な冷凍フードより栄養分の損失が少なくお得です。また、水も汚しにくくなっています。

免疫力を維持する食習慣を作ります!
健康に欠かせないβ-グルカンやビタミン類を強化しています。



これ一回づつ使いきりなんですが、量多すぎですw半分でもまだ量多い。

・メディフィッシュ
メディフィッシュは粉状ですので、メガバイトでも大きいかな・・というときに与えます。これは水中に入れるとかなり舞ますので、普段餌を取れない魚がいるときにたまに与えてます。(うちでは餌取れない魚はハナゴンベさん)

ラクトフェリン、トルラ酵母、耐熱性ビタミンCなどの健康管理成分を配合し、流動造粒技術を駆使して開発された小型魚用飼料です。


メディフィッシュは安いのがいいです。量が少ないですが一年くらいじゃ使い切れませんよ。メディマリンという海水魚用もありますが、こちらはお値段高いです。

他にもエボマリンフードとかフレークフードやらを持ってますが・・つかってません。

このほかにも粒餌・フレークはいろいろありますが特徴は似たような感じなので餌は好みでいいかと思います。

今持ってる中ではデルマリンが喰いよくてお勧めです。
関連記事
Entry Status
New >>
FC2アクセス解析
<< old
DOL経済学 その5 為替のお話 その2

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1540-330ceff1

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。