白点へのアプローチ::水槽単独記事

白点へのアプローチ

2011-09-01 ; 水槽単独記事

最近だけでなく、白点については何かと調べることが多いです。

いろいろ調べたまとめを忘備録としてここに記載しておきます。
※内容は間違っていることも記載していることと思います。あらかじめご了承ください。

1、白点へのアプローチ手法
白点へのアプローチ手法はいろいろあるんですが、ここでは殺菌による白点撲滅を狙ったアプローチと、バクテリアバランスを整え白点と共存するアプローチを見てみます。

2、殺菌アプローチ
殺菌アプローチは非常に理にかなっていてまたわかりやすいです。
殺菌アプローチはとにかく白点を撲滅するようアプローチします。
・オキシドール・パラサイトリムーバーの添加(殺菌作用)
・ドクターラボ(殺菌)
・ヨウ素殺菌
・隔離し、連続水換え(殺菌ではありませんが、白点をなくすアプローチです)
・低比重
・殺菌灯(効くか効かないかは緒論ありますが)
など

殺菌アプローチにおいては、体についた白点虫が離れてから、水中にただよう子虫をとにかく排除し撲滅しようとするアプローチです。連続水換えでは、遊離している子虫ごと海水交換することで子虫を捨てていくやり方です。手間はかかりますが確実かと。
ただ、連続水換えで治療した後、水槽に戻すと再発の恐れもありますので、水槽へもなんらかのアプローチが必要です。
これらの手法で完全に白点はなくならないとは思いますが、密度が激減しますので結果として白点は収束に向かうものと思われます。

3、バクテリアバランス
白点虫が水槽内で絶対優位とならないように、水槽内のバランスを整えるアプローチです。白点の数は結果として減るかもしれませんが、このアプローチでは白点を撲滅するのではなく白点がいても魚へ白点がつなかいようにすることが目的です。
バクテリアバランス的アプローチは、今の状態が成功なのか失敗なのかわからないところが難しいです。
理想はこのアプローチ手法で白点を収束させることかと思いますが・・・。
・マリンフォーミュラ(善玉菌)
・ヨーグル3000(ビフィズス菌)
・BIOスコール、B-4マリン、バイオダイジェスト(バクテリア)
・スーパーEM、PSB(光合成菌など)
・NO3PO4-Xなどのバクテリアフードは、バクテリアを増殖させます。
・天然海水(殺菌してないもの)

代表的なのはマリンフォーミュラです。バクテリアバランスは下手するとビブリオなどを発症してしまうこともありそうです。
殺菌アプローチと違い、「必ず」効くわけではないので取り扱いが難しいです。
しかしながら、このアプローチが成功すると今後サンゴにとってもいい環境が構築できるのでやってみる価値はあるかと思います。
関連記事
Entry Status
New >>
リーフケアNO3PO4-x 三日目 と バクテリア剤について
<< old
硝酸塩測定 リーフケアプログラムやっと導入

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1537-786c40ee

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲