DOL経済学 その4 為替相場のお話::雑記

DOL経済学 その4 為替相場のお話

2011-08-22 ; 雑記

DOLと絡めた経済学シリーズ・・・今回はあまりDOLと関係ないです。

さて、よく聞く言葉・・為替相場ってありますよね。いろんなお話をする前に為替相場について少し見てみます。

ゲーム内で交易品で貿易するときには、現地で安い相場の時に買い、売り場で高い相場で売ります。
これがより設ける基本です。相場があまりに悪いと赤字になってしまうことも・・・。
特に近距離交易ではこれが顕著です。

で、現実世界でももちろん同じ商品なら安く買って、安く仕入れ、高く売りたい。
これは基本的な行動かと思います。

為替相場は外国から物を買ったり、売ったりするときに円がどれだけのお金(たとえばドル)に換算できるかの相場です。

例としてドルを出しますね。
・1ドル 100円のとき
アメリカで作られている1ドルのチョコレートを日本に輸入したとき、関税などを考えない場合、日本では100円です。
日本でつくられている100円のお茶をアメリカに輸入したとき、関税などを考えない場合、アメリカでは1ドルです。

・1ドル 200円のとき
アメリカで作られている1ドルのチョコレートを日本に輸入したとき、関税などを考えない場合、日本では200円です。
日本でつくられている100円のお茶をアメリカに輸入したとき、関税などを考えない場合、アメリカでは0.5ドルです。

おんなじ商品なのに、円で売るかドルで売るかで値段が変わってきます。この換算金額を決めるのが為替相場です。
1ドル 100円のとき、チョコレートは100円ですが、1ドルが200円になったとき同じチョコレートが200円になります。
これは、円の価値がさがりドルの価値があがるので円安といいます。その逆が円高です。
アメリカから見ると、逆になります。

ここまで大丈夫でしょうか?
まとめると・・・・
・輸入する場合、円高のほうがアメリカ商品は安く買える⇒円高は輸入に有利
・輸出する場合、円安のほうがアメリカでの商品価格が安くなる⇒円安は輸出に有利

そんじゃあ、実際にはどうなるの?
日本製のチョコレートが150円で売られています。1ドル=200円(円安)のときアメリカチョコレートは200円ですが、1ドル=100円(円高)になるとアメリカのチョコレートは100円になります。
単純に値段だけ見ると、円高のときはアメリカチョコレートを買いますよね。

それでは相場の話に戻ります。
上記の例で、アメリカチョコレートがたくさん売れるとアメリカチョコレートの輸入量が増えます。その場合アメリカドルが日本円に多く換金されることになります。
するとどうなるかというと、日本円の量が増え、ドルの量が減ります。
結果、日本円の供給量が増えるため円の価値が下がります。
逆にドルの供給量が減るためドルの価値が上がります。
よって、円安が進みアメリカチョコレートの価格が100円から120円、150円と売値が上がっていきます。
反対に円高が進むと今度は逆の現象が起こり円安に反転します。

このようにして為替相場は変動し、ちょうどいい場所で安定するようになります。

相場変動に影響を与えるものは
・貨幣需要量
・貨幣供給量(貨幣流動性)
・貨幣発行国の経済
あたりが影響をおよぼします。

では、今現在強烈に円高が進んでます。
この原因はなんなんでしょう?

・日本経済?
⇒日本経済は現在デフレで商品需要が少なく物余り(供給過多)してます。ですので相場を押し上げるパワーはありません。同じようにアメリカもデフレ傾向です。
(物が余ってるので輸入動機が減ります。)
・貨幣供給量(貨幣流動性)
⇒アメリカは貨幣供給を増大させています。(要は金を刷ってます)日本はアメリカに比べ貨幣供給をしてません。アメリカさらにはEUも供給量を増やしてますが日本は増やしてません。これでは円だけがあがっちゃいます。
・貨幣需要(貨幣価値)
⇒世界的に見て、アメリカ国債の格下げ、EUではギリシャ・ポルトガルなどの経済が壊滅とマイナス要因だらけです。日本は景気低迷・デフレですがそれは以前からそうですので、さらにはのマイナス要因になりません。これも原因です。

てなわけで、円高が進んでます。

円高が進むと輸出で喰っている企業にとっては苦しい展開です。日本の15パーセントほどが輸出ですのでここが打撃を受けます。

そんじゃあどうすればいいの?
⇒デフレの脱却、貨幣供給量の増大などなど

結局のところ国債刷って、復興対策なり公共事業やらに投資すれば解決しますね!

え?よく聞く為替介入で解決するんじゃないの?って疑問が出ます。これについては長くなるので次回。

※今回のお話はかなーりかなーり簡便に書くため一部誤った認識を与えます。この点ご了承ください。こういう感じなんだと雰囲気をつかめればOKと思って書いてます。興味をもたれた方は詳しいサイトはいくらでもありますのでお調べくださいね!

ご参考になりましたら、ブログランキングのクリックをおねがいします。。
ブログランキング
関連記事
Entry Status
New >>
いまさらFF1
<< old
いまさらFF2 その2

Comment

ジャンヌ : 2011年08月23日(火) 01:10 URL edit
そいやDOLは世界共通通貨ねw
めけ : 2011年08月24日(水) 22:24 URL edit
共通通貨は恐ろしいことになります・・・それはいずれかきますw
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1532-6c8471bf

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲