ハナダイの発色::水槽単独記事

ハナダイの発色

2011-08-09 ; 水槽単独記事

インドキンギョハナダイを導入してから二週間少し立ちました。

ようやく、目の紫ラインが発色してきて非常に綺麗になってきました。

201108091.jpg

201108093.jpg
動きがはやくてなかなか捕らえれませんが・・・。目から伸びる紫のラインが確認できるでしょうか?

インドキンギョハナダイの印象ですが、非常に飼い易い印象です。噂に聞いていたとおり複数入れても小競り合いはありますが噛み付いたりしてスレが出てりはしてませんので、複数入れても大丈夫そうです。
また餌もなんでも食べますし、餌喰いもはやいので他魚に喰い負けることもあまりないと思います。
とはいえ、水面の餌を食べるのは苦手っぽいです。
カクレのように水面で待ち構えて餌を連続して食べるのは難しそうです。

暗いうちはライブロックの隙間でお休みになるようで、一匹はフジツボの中でねんねして非常にかわいい・・。

201108092.jpg
ハナゴンベさん。ハナゴンベは非常に臆病なイメージです。いつも同じ場所でじっとしてることが多いです。他の魚にちょっかいだされたときだけ移動する感じでしょうか。
暗いときも割りに水槽内をゆっくりと遊泳してます。ライブロクリングの中でお休みになれてるか・・住処を奪われたのかは謎です。観察しなければ・・・。

現在強さですが、
カクレ>>>ハナダイ>ハナゴンベ 
という感じです。
関連記事
Entry Status
New >>
DOL経済学 その2
<< old
DOL経済学

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1526-8b40b522

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲