DOL経済学::雑記

DOL経済学

2011-08-08 ; 雑記

経済学と名前をつけるには大げさすぎますが、DOLの世界はオンラインゲームの世界ですので現実世界とはかなり違います。


何が決定的に違うかというと・・・・、

資源が無限大なのです。

社外主義でいうところのユートピアがDOL世界です。

無限の欲望に対して無限の資源がある世界・・・それがDOL世界です。

といきなり極論を持ってきてしまいましたが・・かいつまんで話を単純化します。

・何が無限大か
お金を稼ぐことが無限にできます。交易品は無限に算出され、相場はどれだけ売られても買われても一定間隔で推移します。よってお金を稼ぐこと自体は無限です。
他にゲーム内で必要な資源も大半が無限に手に入れることができます。(手間はかかりますが・・・)
代表的なものは、停戦書や投資書などの書類。食事などの行動力回復アイテムなどです。

では、この世界はインフレなのかデフレなのかというと・・・・、

無限に貨幣を稼げるのでインフレになるのじゃなかろうか・・???

と思うでしょう。

お金を稼ぐための交易品の価格は一定です。NPCから買えるアイテムも一定です。

よって価格変動はありません。

と、ここまではオフラインのゲームですよね。これがオフラインのゲームでしたらインフレもデフレもない世界です。
ただお金だけが無限に増えます。

しかし・・・、DOLはオンラインゲームでシステム側からのお金回収装置とプレイヤー間の取引があります。

これは、貨幣の量が増えると確実にインフレします。

・システム回収手段の例
街への投資が代表例です。
プレイヤーの平均所得が10Mのときの1M と 平均所得が100Mのときの10Mの投資価値はプレイヤーにとっては同じになります。(現実問題、もちろん10Mを投資したときの名声などの恩恵は大きくなりますが、街の影響度に与える影響は同じくらいになります。)

・プレイヤー間の取引の例
これは、ゲームのその場その場で物の価値が変わるのでなかなか確定することはできませんが、同じ価値を持つだろうアイテムについては、平均所得があがればあがるほど価格は上昇します。(インフレします)


では、インフレするDOL世界のインフレを止める手段はあるのでしょうか?

これは意外にいっぱいあります。わかりやすくするために現実のインフレとデフレ対策を見てみましょう。

次回へ。。。

ブログランキングお暇なら押していってください。
関連記事
Entry Status
New >>
ハナダイの発色
<< old
タンクデータ 2011/08/05

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1525-4b61db96

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲