スポンサーサイト::スポンサー広告 海水水槽立ち上げ その15 コモンサンゴの光量::水槽立ち上げ

海水水槽立ち上げ その15 コモンサンゴの光量

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
RO浄水器が欲しい・・・
<< old
やる夫が獅子心王になるようです 番外編その3

2011-06-07 ; 水槽立ち上げ

コモンサンゴは若干弱い光でも飼育可能と聞き、飼育をはじめました。某氏からいただいたコモンサンゴも今のところ飼育できています。

飼育水槽の照明環境は、
T5蛍光灯*6 と 24WLED*2です。

いくらあまり光量がいらないとはいえ、仮にもSPSの一種・・。
と思い、一番光が当たるところに設置してました。

また、水換えを多めにとのアドバイスを受けましたので水換えをポッターが☆になるまでは週40リットルやってました。ポッターが☆になってからは週20リットルです。

そのおかげか、照明点灯中もポリプが出るようになりました。

で、話は戻りますが光。

201106071.jpg
某オークションで購入したウスコモン。当初はもっと茶色が濃かったです。設置場所はT5のみが当たる場所で、水槽の中央より下に置いてます。
こちら問題なくポリプ出てます。光の当たり方もウスコモンは垂直に立てるように置いてますので上からのまともな光があたりません。
これくらいでも問題ないようです。最近少しだけ緑かかってきました。

201106072.jpg
次は、某オークション製のエダコモン。こちらもポリプ全開です。貝に押し倒されて砂にどぼんして二週間ほど。
この位置でも問題なくポリプ出てますね。。

201106073.jpg
最後は某氏からいただいたウスコモン。いまのところ色維持できてます。
こちらも滑落してライブロックの隙間に入っちゃいましたが問題なくポリプ出てます。この状態で3日ほど置いておきましたが問題なかったです。

というわけで、コモンサンゴはT5蛍光灯直下でなくても大丈夫なほど光をそれほど必要としてないかもしれません。もっと長期的に見てみないといけないですが・・・。

栄養塩は推奨値より現在は高く、0.04くらいです。
関連記事
Entry Status
New >>
RO浄水器が欲しい・・・
<< old
やる夫が獅子心王になるようです 番外編その3

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1495-2f91fb93

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。