スポンサーサイト::スポンサー広告 海水水槽立ち上げ その11 TMSスキマー SK-160::水槽単独記事

海水水槽立ち上げ その11 TMSスキマー SK-160

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
イソギンチャクとクマノミ
<< old
海水水槽立ち上げ その10 水槽フタ到着

2011-05-17 ; 水槽単独記事

TMSスキマー SK-160は最近日本で発売されたスキマーです。
新型だけに、仕様も新しいものになっております。

現在60HZのポンプのみになってますが、関東でも問題なく使用できます。

TMSスキマーについては、
http://dolmeke.blog11.fc2.com/blog-entry-1468.html
上記の記事にてレビューしております。

ポイントとしては、
・防振設計になっています
・吸気の消音装備がついてます
・コレクションカップにはドレーンがついており、そこから汚水を排水することができます。
(オーバースキミング対策)
・低消費電力です。(17Wとのこと)
・対応水量は1000リットル

3週間くらい動かしてみた感想としては、

・スキミング能力
さすがに1000リットル対応と記載あるだけに、レモラプロに比べて(レモラプロは600リットル)、コレクションカップが大きい分汚れが取れる量も多いです。しかもレモラプロと同じ消費電力。
サンプの水量高さは20-25センチが推奨です。私は25センチで使ってます。
201105161.jpg
オレンジのホースが汚水ドレーンです。ここから汚水が排水できます。排水しない場合は途中にコックがついてますので、コックを閉めれば汚水が出てきません。

・音
防振対策がスキマー底のシリコンゴム、コレクションカップのつなぎ位置のシリコンゴム、吸気消音などが取られていますので、特に特別な対策をしなくても割りに静かです。
動かして3日ほどはえらい音がしますが、一週間ほどしたら音が落ち着いてきます。
さらに対策するなら、吸気のところをチューブで延長するなどすればいいんじゃないでしょうか。
また、排水はスキマー底から排水しますのでHSシリーズのように排水対策しなくても排水音はしません。
201104253.jpg
左側が吸気消音になります。写真で見えている吸気口にさらにホースをつければより音が小さくなると思います。

201105162.jpg
コレクションカップと本体の継ぎ目にもシリコンゴムが入ってます(赤い部分)。こんな感じで防振対策が採用されています。

・サイズ
同じクラスのスキマーと比べると小さいです。
サイズは、200*270*550(高さ)
コンパクトが売りのISE800SSは235(底円形のため直径)*550(高さ)
と遜色ありません。
HS-850は、350*510(高さ)です。HS-850と比べるとスペースが小さくすみますね。

・お値段
気になるお値段は、HS-850、ISE800SS、ISE900よりはお安いです。
HS-400より安いので、HS-400買うよりは確実にお勧めできると思います。
おそらくこのスキマーを検討されてる方のライバル機種はISE800SSかなあと思ってます。
ISE800SSはエーハイムポンプですので、こちらのほうがポンプの安定性は高いと思います。その分価格がSK-160より高いです。対応水量はSK-160のほうが高いです。

・総評
HS-850クラスを使っている人、これから使いたい人にとっては充分検討候補になると思います。
値段もHS-850より1万以上安いのでいかがでしょうか?
関連記事
Entry Status
New >>
イソギンチャクとクマノミ
<< old
海水水槽立ち上げ その10 水槽フタ到着

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1481-9d4d2ad9

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。