スポンサーサイト::スポンサー広告 ネアンデルタール人は混血したか?::歴史雑学

ネアンデルタール人は混血したか?

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
海水水槽立ち上げ その9 コモンの様子と白点
<< old
海水水槽立ち上げ その8 カクレさん放流

2011-05-11 ; 歴史雑学

いやあ・・実に年単位の歴史雑学記事ですね。
とはいえ、今でもアクセスの65パーセントは歴史系記事への閲覧です。(残りはDOL系記事、少しだけコピペ系記事と水槽記事。水槽記事が量の割りにほとんどアクセスないですw)

以前より生物の歴史やオランペンデクなどで地球史については触れてきました。

オラン・ペンデクとホビット伝説(2006年6月の記事)
生物の歴史シリーズ(2007年3月)

生物の歴史シリーズは地球誕生から人類につながるまで非常にざっくりと記載しております。
その中で、最後のほうに「ネアンデルタール人」という項目が出てきます。

ネアンデルタール人は絶滅した種ですが、現世人類に最も近い種になります。現生人類(ホモ・サピエンス)と同じヒト属に属しており、火を起こしたり、道具を利用したことで知られています。

滅亡時期は3万年~2万年前の間で、ホモ・サピエンス・イダルトゥ(現生人類)の生きた時期が16万年前~ですので、ネアンデルタール人と現世人類は共存してる時期がありました。

さて、以前の記事ではこう記載してます。

当初、彼らと人類は交配可能と見られていたが、現在のDNA解析の結果それに大しては否定的な見解が得られている。
すなわち、我々人類とは近くはあるが祖先ではないことが決定的と見られている。



これは、DNA解析によって得られた結果です。

マックス・プランク研究所のスヴァンテ・ペーボらがフェルトホッファー洞窟で見つかった最初のネアンデルタール人の古人骨からDNAを抽出し、ホモ・サピエンスとの関係を検討した研究を発表。ネアンデルタール人をホモ・サピエンスの祖先とする立場は決定的に否定されるに至った。
wikiより



しかしながら、2010年同じくマックス・ブランク研究所から10万~5万年前の間にわずかながら混血の形跡が見えると発表されました。サンプルを取った5人のうち、アフリカ系を除く3人でこの形跡が見られたという・・。

遺伝子の一致率という点から見るとヒトとチンパンジーでは98パーセントほどが一致し、ヒトとネアンデルタール人は99.5パーセントほどが一致するとのこと。(ヒト間では99.9パーセントが一致)

一致率を見ると、確かにヒトとネアンデルタール人は非常に近い種ですよね。

もうひとつ、DNAのお話としてはミトコンドリアイブという話があります。
ミトコンドリアDNAは母から子に”必ず”伝わり、父から子には伝わりません。
つまり、ミトコンドリアDNAをたどれば、母のその母、さらにその母といった風に母系の祖先をたどれます。
母系の祖先をたどれるミトコンドリアDNAを解析した結果、「今の」人間の祖先はアフリカのある一人の女性までたどれます。この女性のことを現生人類の最も近い共通女系祖先としてミトコンドリアイブと呼んでいます。

当たり前ですが、「現代」人類の母系祖先をたどったに過ぎず、人類はミトコンドリアイブからはじまったわけではありません。
よくわからなーいという方は、
リンクのWIKIにある図を見てみてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Mitochondrial-Eve00002mini.png

人類の系統をたどる方法でしたら、ミトコンドリアDNA解析などで行うことができますが、ネアンデルタール人と混血していたかどうか?という命題をクリアするとすれば、大量のDNAサンプルからたった一世代の混血の証拠を見つけなければなりません。

また、混血できたとしても生殖能力がなければ痕跡そのものも残りません。

ですので単純にヒトとネアンデルタールは子供をつくれたかどうかというのは今からでは知ることができないでしょう。ヒトとネアンデルタールの子供が生殖能力があり、その子孫を残せるたかどうかは今後の研究結果が待たれます。なにしろ膨大な数のゲノムを解析しなければなりませんので・・・。

しかし、2010年になって混血の痕跡がある・・といった結果が出てきたのはおもしろいことです。今後どうなるか楽しみです!
関連記事
Entry Status
New >>
海水水槽立ち上げ その9 コモンの様子と白点
<< old
海水水槽立ち上げ その8 カクレさん放流

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1478-82ed277c

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。