海水水槽立ち上げ その1 スキマー(SK-160)設置 と 濾過槽見直し::水槽立ち上げ

海水水槽立ち上げ その1 スキマー(SK-160)設置 と 濾過槽見直し

2011-04-25 ; 水槽立ち上げ

さて・・・カテゴリを分けました。
このカテゴリーは期間限定です。立ち上げから二ヶ月ほどの様子をこのカテゴリーで記載したいと思います。

以前の二つの記事もこっちへもってきますか・・。

平日のため少しだけ新水槽いじりました。

まずスキマーから。
スキマーは今回ジュンコーポレーションさんがモニター募集を行っていたものに応募いたしまして、モニターとなりました。そういう事情ですので、ここでもちゃんと報告を。

製品については、こちら

スキマー全体写真は取り忘れました・・。
ポイントだけここで。

201104251.jpg
まず、スキマーの設置面には防振ゴムが最初からついてますが、これに加え、揺れズレ対策に防振マットを設置面に合わせて切り取り、スキマー下に置くことにしました。少しでも地震の影響を軽減する目的です。

201104252.jpg
空気吸入用ソケットはこの部分に取り付けます。しっかりはまるまで差し込む必要があります。
コレクションカップをはずしてポンプ部分を押さえてあげれば簡単につきます。

201104253.jpg
見えずらいですが、オレンジ色の部分にMAX、OFFと文字が記載されてます。右側の棒をまわすことでスキマーの強さを調整できます。左側は音を軽減するサイレンサーです。
このサイレンサーにさきほど取り付けたソケットに付属している青いチューブを取り付けます。

そして・・濾過槽・・。この配置でいきます。

201104254.jpg
水が落ちる部分を奥にもって来ました。これは昨日マグネットポンプをためしに取り外してみたところ・・手が回らずえらい大変だったので手前にもってきました。
水位線も手前に来ますので、こちらのほうがよさそうです。
排水ホースは切る必要ありますね。長すぎる・・。青のチューブもサイレンサーに取り付けないと・・。
スキマーから見えるオレンジ色のチューブは汚水を排出するドレーンチューブです。これは使っても使わなくてもOKです。使わない場合、オレンジチューブにコックがついてますので閉めてしまえばOKです。

201104255.jpg
配管部分・・非常に単純なつくりです。給水、排水両方にバルブをつけてます。これつけてないと取り外しが非常に面倒になります。

ここまでの誤算は・・・耐圧ホースを塩ビに取り付けるのがものすごくしんどい・・ことです。
暖めてもぜんぜんはまりません。。これで筋肉痛にww
関連記事
Entry Status
New >>
バケツ治療開始・・・
<< old
水槽台とどきました

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1468-f38be2c9

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲