Giga Lex 24 (ギガ・レックス 24)LEDでの海水飼育::水槽単独記事
FC2ブログ

Giga Lex 24 (ギガ・レックス 24)LEDでの海水飼育

2010-11-06 ; 水槽単独記事

我が家の水槽では、ギガレックスというLED照明を2個使っています。
照明はこれのみですので、この環境で飼育できるサンゴはLEDでまず飼育できると思います。

・使用LED
Giga Lex 24 コーラルブルー
Giga Lex 24 マリンブルー
・水槽サイズ
60ワイド(60*45*45)

コーラルブルーは青みはあまりありません。マリンブルーは青い青いです。

現在飼育しているソフトコーラルの中で、光量がいると言われているチヂミトサカがどんどん大きくなっていますので、ソフトコーラルは問題ないと思われます。
こと光量だけでいえば、チヂミトサカが大丈夫なので、ミドリイシなどのSPS以外のハードコーラルも可能と思います。ハードコーラルは現在タコアシサンゴが入っていますが、まったく問題ありません。

では、問題のSPSはどうなのかというと、水槽内に入ってないのでなんともいえません・・・。
いずれコモンサンゴでも入れてみますか・・・。

注意すべきは、イソギンチャクかとハタゴは照明が1つついただけの状態でしたら問題なさそうに見えますが、2個つくと光が強すぎるのか、光の質が悪いのかいつも縮んでいます。
サンゴイソギンは、光を嫌がってライブロックの中に入ったり、日陰に入ったりします。
イソギンに関しては、蛍光灯のほうがよさそうです。

光のイメージとしては、
・蛍光灯
⇒やわらかな光
・メタハラ
⇒強い光
・LED
⇒刺激の強い光
というイメージです。LEDだと波長が合わない生体もいそうですので注意は必要かと思います。

とはいえ、消費電力が少なく、熱の発生も少ないLEDは夏場の温度軽減にすばらしい効果を発揮しますので検討する価値はあるかと思います。
とはいえ、どんどん新しいLEDが発売され、価格が低下しながら性能があがってますので買い時は難しいですね。

私の使っているLEDシリーズもすでに新しいものが出ており、値段もお安くなってます。
関連記事
Entry Status
New >>
自然光下でのサンゴの様子から必要な光量を見てみましょう
<< old
ハタゴ導入10日

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1384-85c89a42

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲