スポンサーサイト::スポンサー広告 シーケム リーフプラス ともろもろ::水槽単独記事

シーケム リーフプラス ともろもろ

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
イエローヘッドジョーの餌喰い
<< old
今時の海水水槽立ち上げ

2010-10-05 ; 水槽単独記事

リーフプラスをお使いの皆さん。また検討されている皆さん。

その前にリーフプラスとは・・・。

* サンゴの生長と共に消耗してゆく必須微量元素などの栄養成分を補給します。
* 本品は、サンゴの成長のために必要な無機微量元素だけではなく、必須ビタミンと必須アミノ酸をも、天然の熱帯環礁の海水の栄養成分と同じように補給できる成長促進剤です。
* 本品には、ヨウ化物、モリブデン、鉄、マンガン、コバルト、カリウム、コリンなどの微量元素やサンゴの細胞維持活動に大切なビタミンCやB12、そしてシステイン、プロリン、グリシン、アラニン、リジン などの必須アミノ酸が含まれています。
* 好日性サンゴやSPSなどの微小ポリプ補食サンゴだけでなく、魚の餌にもあらかじめ本品を混ぜてから給餌をすれば、栄養面で優れた効果を発揮します。
* 特に、リーフコンプリート、リーフカルシウムとの併用は、サンゴの成長促進に際立った効果をもたらします。


上記はメーカーホームページの抜粋。

要するに、アミノ酸などの有機養分と微量元素(ヨウ素含む)を同時に添加ができるお得な添加剤です。
某COM2に似てますね。

さて、この文章の中にですね。
「魚の餌にもあらかじめ本品を混ぜてから給餌」とあります。

これ、原液をそのまま水槽に投入すると、

魚がすごい勢いであばれまわります。

なにやら、餌と同じかおり?がするらしく、給餌した時のようにものすごい勢いで動き回ります。
そのくせ、餌が見つからないものですから、餌・餌・餌!!!!と結構長い時間あばれまわります。

ためしに、その状態で餌を入れてみると、餌は食べにきますがにおいは残っているようでまだ餌を探し回ります。

そこで注意点。
・原液のまま水槽投入しないほうがいいです。
⇒足し水などと混ぜて水槽に入れると全く問題ないです。リーフプラス投入後ポリプの開きがよくなることが多いです。

魚へのこの効果を利用してですね。餌のときに隠れて出てこない魚を出てこさすにも使えます。
ただ・・・魚は、上記の状態になりますが。

話変わって先週の水槽
実はいろいろ変わりました。
・ジョーフィッシュを本水槽へ投入
⇒水槽裏のほうに巣を作り。おらみえねえw
・ジョーフィッシュさんのために水槽フタを製作
⇒まずまず満足。今回水槽フタの作成をはざいやさんに依頼しました。2000円ほどで出来ましたので大変お得だと思います。材質は塩ビなので、自分で切ろうと思えば加工できます。
・某エコアクアで、タコアシブランチとチジミトサカを購入。

で、水槽はこんな感じに。

20101005.jpg

201010052.jpg

左側のタコアシがいじけてますが、これは口から腐敗物を出した際に、カクレさんがそれを食べにきますので腐敗物をひっぱられた結果いじけちゃいました。1時間ほどで戻ります・・。
関連記事
Entry Status
New >>
イエローヘッドジョーの餌喰い
<< old
今時の海水水槽立ち上げ

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1369-4b8ccb3f

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。