スポンサーサイト::スポンサー広告 スドーサテライトレビュー::水槽単独記事

スドーサテライトレビュー

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
カニ駆除
<< old
イエローヘッドジョーフィッシュ他追加

2010-09-26 ; 水槽単独記事

いまさらながら、スドーサテライトを使う機会がありましたのでレビューします。

まずは、サテライトの使用環境について
・スドーサテライト(ノーマルサイズ)
・サテライトグレードアップキット
・逆流防止弁
・ノンノイズH45(流量0.75リットル/分)
スドーの推奨流量は1リットルまでとなってます。

さて、この装備で実際に稼動させてみたところ、排水口から漏れる水量は1滴/秒くらいで、点滴での水あわせ程度しか水が循環しません。
あまりの流量の少なさに唖然としましたが、酸欠の心配はたぶんないと思います。
というのは、エアポンプで水を巻き上げるので酸素の豊富に混じった水がごく少量づつですが入ってくるので酸欠にはならないと思います。超小型のエアリフト式スキマーからの排水みたいなものですので。

設置した様子は
201009261.jpg
上の写真のとおりです。大きさはノーマルサイズだけに隔離ケースの普通サイズくらいの大きさですね。前回の記事に載っていた隔離ケースとサイズがほぼ同じです。100円均一プラケースサイズです。

隔離している生体は・・・
201009262.jpg
イエローヘッドジョーフィッシュさん。今回サテライトにした理由は、底に砂を引きたかったからです。
サテライトは外掛で使いますので、底に砂が引けます。
本水槽に設置する隔離ケースでは、底に穴が開いてますので砂がひけません。
イエローヘッドジョーフィッシュは砂に穴をほって巣にする習性がありますので、落ち着かせるために隔離ケース行きとはいえ砂を引きたかったのです。
その点でサテライトは便利ですね。

イエローヘッドジョーフィッシュさんは、水槽を完全に隙間を埋めれるフタが完成するまでここで生活していただく予定です・・。はやくフタつくらないと。

さて、スドーサテライトのメリットデメリットです。
★メリット
・隔離ケースと違って餌が底から漏れない。
・サテライトの中で砂がひける。
★デメリット
・水質の変化を本水槽が吸収できない。
⇒サテライト内の水換え必須と思います。あまりめんどうなのも嫌なので二日に一回三分の二くらいの水換えでいいかなと。水換えするときは本水槽の飼育水をサテライトに入れるようにするか、温度をバッチリあわさないと温度の急変でえらいことになると思います。
・温度変化が激しい
⇒今の時期のようにナチュラルで温度が適温じゃない時期は厳しいと思います。サテライト全体を断熱シートで覆うとかしてもこの流量だと厳しいです。水合わせ中のバケツと同じ状態ですから・・。

デメリットの解消のためには、エアポンプから水中ポンプへと変更してしまえばいいと思います。
が、さらに水中ポンプが増えるのも厳しいなあ・・。
たぶんリオのL字タイプのオプションを取り付ければ、吸水口にはまると思うんです。まだ試してないですがー。
関連記事
Entry Status
New >>
カニ駆除
<< old
イエローヘッドジョーフィッシュ他追加

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1365-9b40b571

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。