スポンサーサイト::スポンサー広告 バリューエックスパワーフィルターの再始動::水槽単独記事

バリューエックスパワーフィルターの再始動

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
LED照明投入後一ヶ月経過
<< old
Seachemフォスガード

2010-09-22 ; 水槽単独記事

バリューエックスパワーフィルターの再始動は、自動吸水機能がついておらず、付属のサイフォン用ポンプを排水口からシュコシュコして再始動させるのですが、

何度も失敗して、水かぶった!


そこで私考えました。

用はホースの中、外部フィルター本体の中に空気がなくなればいいんですよ。

これから記載することは、メーカーの使用方法と異なりますので、まねされる方は自己責任でお願いいたします。

空気が抜ければいいので、
そこで、「吸水側」から無理やり通水させることで空気を抜いてしまおうという作戦にでました。

バリューエックスパワーフィルターは、吸水・排水ともに12/16の径です。(VX75の場合)
吸水側に12/16径に適合する水中ポンプを取り付け、バリューエックスパワーフィルターの電源を切った状態で水中ポンプに電源を入れます。

すると当たり前ですが、排水側から水が出てきます。吸水排水を水中ポンプが行っていますので・・。
排水口から水が出てくることを確認したら、1分~2分ほど放置しておきます。
その後、バリューエックスパワーフィルターの電源を入れます。
バリューエックスパワーフィルターの電源投入後、カタカタという音がしなければ始動成功です。
始動完了が確認できましたら、すぐに水中ポンプの電源を落としてください。

これでしたら、確実かつ短時間で再始動できます。

シュコシュコでお悩みの方ぜひお試しあれーーー。
関連記事
Entry Status
New >>
LED照明投入後一ヶ月経過
<< old
Seachemフォスガード

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1362-3df56714

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。