サンチェスとコロンブス::歴史雑学
FC2ブログ

サンチェスとコロンブス

2005-09-25 ; 歴史雑学

最近、大航海時代の話題から遠のいていたわけですが、久しぶりにこの時代のことを書いてみます。今回は、あのコロンブスが新大陸に到着する前に新大陸に到達し、たったひとり生還したサンチェスという人のお話です。

●アロンソ=サンチェス
ポルトガル国境近いウエルバ出身のスペイン人。彼の航海記録は、同時代のスペイン人、ゴンザロ・フェルナンデス・デ・オピエドが1535年に出版した「インディアス自然史概要」に採録されている。
1478年ごろ、サンチェスの乗ったキャラベル船は大西洋沿岸を航海中に暴風雨で難破してしまう。この嵐のせいで、操舵を失った船は、大西洋の反対側まで流されて南海の未知の島々まで到達する。
その漂着した島々の一つがエスパニョーラ島(現在のハイチ・ドミニカ)であったと言われている。
また、サンチェスの難破船は、カリブ海に漂着したあと、現地を見聞してから帰路につく。
その後、苦しい航海が続き、サンチェスただ一人がモロッコ沖のマディラ島までたどり着いた。
瀕死のサンチェスを救い出し、介抱し、彼の冒険話を詳しく聞き取ったのが、かのコロンブスであったと言われている。
コロンブスはたまたま、砂糖を買い付けにマディラに立ち寄ったところ、サンチェスを救い出し、インディアスに航海する前に、サンチェスから西インド諸島のことを聞いていたのだ!
残念ながら、サンチェスはまもなく亡くなり、コロンブスの航海日記には、サンチェスの名前は出てこない・・・・・。
初航海の栄誉を取られるとでも思ったのだろうか・・・。

難破ではあったが、このサンチェスという人物は、1478年にカリブまで到達していたみたいです。真偽のほどは定かではありませんが・・。

  • お暇だったらランキングみてみます??
    関連記事
  • Entry Status
    New >>
    サロン・ド・メケ最近の依頼品
    << old
    オーパーツってなんだろう。

    Comment

    Post a Comment









    管理者にだけ表示を許可

    Trackback

    http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/136-815b81b5

    歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲