スポンサーサイト::スポンサー広告 添加剤(シーケムSeachemとマリンフォーミュラ)::水槽単独記事

添加剤(シーケムSeachemとマリンフォーミュラ)

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
ミノウミウシ
<< old
添加剤いろいろ

2010-09-14 ; 水槽単独記事

今後の魚追加とサンゴ追加のために、添加剤をいろいろ購入しました。

●ろ過の見直し
・ろ材
Seachemマトリックスにろ材を変更。外掛けに入らない場合は外部も使う予定。マトリックスは好気ろ過だけではなく、内部で還元ろ過も行うことが出来るろ材です。
使用期間は半年を目処に4割チェンジだそうです。
・吸着剤
Seachemフォスガードはリン酸・ケイ酸を吸着してくれる吸着剤ですが、持続性が高く2~3ヶ月もちます。また吸着物の放出もありません。

●水質の見直し
今後サンゴを飼っていくもしくは、ヤッコを追加するための下準備添加剤を購入しました。
・Seachemリーフプラス
微量元素(ヨウ素も入ってるです)に加え、アミノ酸・ビタミンまで含まれているスーパー添加剤。元々アミノ酸の追加は考えていたのですが、リーフプラスなら微量元素まで入ってる。
すばらしい。また、80リットルにつき5ミリを週二回添加なので250ミリでも半年使えます。(60ワイドの場合)
パープルアップでCA・KH・微量元素(ヨウ素)が添加できますのでこれとあわせて利用すれば何とかなると思います。パープルアップがつきたら、次はSeachemリーフコンプリートに変える予定です。
Seachemリーフコンプリートは必要な元素CA・KH・MG・Srを含んでいます。ヨウ素が足りなくなるのかな・・。
そういうときは、Seachemアイオダシンを。

・AQUAGEEK マリンフォーミュラ・ハーバルフォーミュラ
病気に強い水質をつくる添加剤です。週6ミリの添加なので長持ちします。この両製品は新規に魚を追加する場合トリートメント剤として使えます。(白点・ビブリオ・リムフォなどの持込対策)
また、サンゴなど無脊椎には無害なので白点が出た場合には水槽に直接添加できます。その場合は大量に添加します。もちろんバケツ治療でも使えます。
値は2500円ほどと少しはりますが、今後のことを考え購入しました。

●新規追加生体への対応
魚の場合は、さきほどのAQUAGEEK製品二つを使ってトリートメントする予定。
サンゴには、これまたSeachemリーフディップでトリートメント可能です。サンゴのトリートメント剤はこの注文で頼む予定はなかったのですが・・昨日・本日起こった水槽事件で次回からサンゴ導入するときには必ず使おうと決意しました・・・。水槽事件については次回記事で・・。

●おまけ
エサとろ材用ネットを買いました。エサは病気への抵抗力をつけるらしいですが・・どうなんだろうこれ。

●足りないもの
サンゴ追加もしくは魚追加の際に足りてないものを購入する予定です。
・魚
隔離用ボックス、エアレーション
・サンゴ
フィコピュア(ライブ植物性プランクトン)
リン酸試薬
CA試薬
場合によってはヨウ素、ストロンチウムの添加剤たぶんいらない。

というわけで、

Seachem社員乙!
関連記事
Entry Status
New >>
ミノウミウシ
<< old
添加剤いろいろ

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1359-98ee42f6

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。